イパクサ韓国版CD紹介
イパクサ部屋トップページ
Morris. in Wordland
 


2pak4 Winter Tech-pon
2000年11月
コンセプトはイパクサの「クリスマスアルバム」
Morris.はずっと「ホワイト・テクポン」だと思い込んでいた(^_^;)
ジャケットから、すっかりクリスマスモード。
箱入りでおまけにCDサイズの2001年イパクサカレンダー(6枚セット)がついているという、おいしい一枚。
11トラックの大部分がクリスマスソングで、民謡メドレーや、YMCAなどもつけたしみたいにおさめられている。
注目すべきはラストの「イパクサの合いの手&アドリブ講座」で、これだけでもこのアルバムの存在価値がある。
winter tech-pon  

1.イントロ、ジョアジョアイパクサ
2.クリスマスキャロルメドレー
3.N.0.(クリスマスに告白するか?)
4.サンタが町にやってきた
5.ソッピン&ソルメ サンタ
6.民謡キャロルメドレー
7.ホワイトクリスマス
8.クリスマスファンタジー
9.つっぱりハイスクールロックンロール
10.Y.M.C.A.
11.イパクサの合いの手&アドリブ講座  

 

イパクサ2集 PON-CHAK REVOLUTION(2枚組) 2001年3月
 
熱風とどまるところを知らないイパクサの新譜。 
今回のアルバムは、イパクサの魅力を遺憾無く抽出した音楽世界で構成されている。 
CD1は、これまでのイメージを革命的に変化させたという意味で「パクサ レボリューション」、CD2は、イパクサのこれまでの音楽世界の深化、集大成したという意味で「パクサエモーション」と副題が付けられた。より多くの人々がパクサの作品に接することができるようにというパクサ本人の意向で、2枚組でありながら、1枚分の価格で提供されている。  
イパクサ2ndアルバムCD1   CD1:PAK-SA REVOLUTION 

日本のミリオンセラーデュオ、PUFFYのヒット曲「アジアの純真」「渚にまつわるエトセトラ」や、大ヒットした「モンキーマジック」のリカヴァー版。韓国のヒット曲「王様・女王様症候群」にヨハン・シュトラウスのワルツを挿入するなどコミカルに仕上げた「ヘルプ!! ドクター李」。学校売店での中高生のエピソードをそのまま歌詞にした「はらぺこ購買部(ハッキョメジョム チュルチュルヘ)」。いつも黒い鞄を持つ自身の姿をロックンロール風に仕立てた「007 パクサ」。可愛い児童合唱とパクサの可愛い声色の「バレンタイン キス」。今までのパクサのアルバムでは考えられないほど、際立った洗練味を加えた、革命的表現がなされている。 
 

1. モンキマジック 
2. ウルトラ リラックス 
3. アジアの純粋 
4. 波のエトセトラ  
5. N.O.  
6. 学校 売店
7. ヘルブ | Doctor Lee |  
8. 007 博士 
9. バレンタイデェー 
10. クジラ狩(Rock Version)  
11. セタリョン(Out Of Key Remix) 
12. クジラ狩(Tecnno Remix) 
 

イパクサ2ndアルバムCD2   CD2:PAK-SA EMOTION 

日本の有名アーチスト、小室哲也、安室奈美恵などの曲を消化して、お得意のポンチャクメドレーに仕上げた13曲を収録されている。また、十代の若者たちが文化祭などで、友人たちと、パクサの真似をして歌うことができるように「はらぺこ購買部」と「ヘルプ!! ドクター李」の2曲のカラオケ版が収録されているのも特記事項だ。 
何よりイパクサの音楽性の大きな基盤となっている伝統的民謠を、牙筝(アジェン)、縦笛(ピリ)、横笛(テグム)、伽耶琴(カヤグム)、長鼓(チャング)の生演奏と初めての競演で披露している。 
さらに、購入者へのスペシャルボーナスとして、「スペースファンタジー」のミュージックビデオとNG場面も特別収録されている。 
イパクサが今後追求した音楽のすべてを大成したこの2枚組アルバム。その音楽性と無限の広がりを期待させるアルバムといえるだろう。 
 

1. イジライダ 
2. I Believe  
3. Freedom 
4. チェリ  
5. I'm Pound  
6. アジアの純粋  
7. 別れても好きな人  
8. 頑張れ! 
9. Departures 
10. Chase The Chance  
11. らら、サンシャイン
12. Don't Wanna Cry  
13. ラブゲーム  
14. 始めから 
15. 人生は60から  
16. ソウルカムパギ  
17. カンウォンドアリラン  
18. アリラン(2002年remix)  
19. 将棋タリョン  
20. チャンブタリョンと青春歌  
21. 学校 売店(伴奏音楽) 
22. ヘルブ | Doctor Lee | (伴奏音楽)
 

*Morris.はまだ、この新譜手に入れてない(x_x) 上記の解説は、韓国ソニーのSPを、Morris.が翻訳したもの。

イパクサ第1集 E-PAK-SA SPACE FANTASY 2000年7月
カメレオンのような自己スタイルの変身を図ったイパクサの韓国メジャーアルバム第一弾。ハウス、ヒップホップ、ハードコア風サウンドにテクノとラップ、そしてパクサの幻想的合いの手と絶妙な唱法が交じり合う。これまで経験することも想像すらできなかったジャンルの共存。過去のトロット時代からの合いの手と歌唱力は名人の域に達している。このアルバムでは、テクノDJ カジェバルの参加により、テクノポンチャクという新しいジャンルのパイオニアの位置を確立した。(韓国ソニー紹介文より、Morris.抄訳)

1.Space Fantasy(Sexy Version)
2.民謠メドレー(6曲)
3.Pon-Chak(Techno Remix Version、24曲)
4.O Bang!
5.Space Fantasy(Pretty Version)
6.Pon-Chak(Original Version、24曲)
7.Safety Pon-Chak

 

  タイトル曲「Space Fantasy」は、97年10月、日本で発売された、明和電機とのコンピュレーションアルバムに収められた曲の韓国語ヴァージョンで、本アルバムには、アレンジを変えた2テイクが収められれている。やはり、1.の方がテクノポンチャクの典型的アレンジだと思う。 
2.の民謠メドレーは、パクサお得意のシンゴサンタリョンからセッタリョンまで韓国民謠の代表曲ばかりだ。 
6.のメドレーは日本のヒット曲(踊るポンポコリン、モンキーマジックなど)と、韓国歌謡を混ぜたもので、これは日本盤1st,アルバムに収められているもので、これをいわゆるテクノポンチャクにアレンジしたものが、本アルバムの眼目である 3.のリミックスメドレーということになる。聞き比べると確かに音の厚みもノリも、リミックスはパワーアップしてることが分かる。Morris.は、オリジナルバージョンも懐かしくて捨てがたいと思ってしまう。 
4.はハウス系の色が濃すぎて、Morris.にはちょっと着いて行けない。DJの独擅場だ。 
おしまいの6.は楽曲ではなく、CDROMとして動画が入ってるらしいのだが、Morris.の環境では見ることができなかった(>_<)MSのメディアプレイヤーが必要らしい。 
アルバムジャケットのおしまいに、Special Tahnks to---と、16行にわたって、人名が連ねてあるが、その3行目に、電気グルーブと並んでMorris.の本名が記してあった(ハングルだけど)のには感激してしまった(^○^)