2003年2月Morris.イパクサ宅ホームステイ日記
2003/02/02-13
前編
←戻る 次へ→
 



2003/02/02(日)●波乱含みの出発●
9時起床。 
昨夜はちょっと飲み過ぎたような気がする。 

朝風呂つかい、洗濯物取り込んで、ぼちぼち荷物の準備。 
ふと思い付いて、スイルさんへの土産に日本酒を買おうと、自転車で石屋川の酒屋に走り菊姫の「音瀞」を買い、帰りに「山神山人」でラーメン食べる。 
またまた余裕こき過ぎだなあ。 

今回は電話予約で、景色の好い席を確保してるので、ぎりぎりに行っても大丈夫という油断があったみたいだ。 

結局部屋を出たのが1時半、JR六甲道13:48の快速で大坂まで出たが、大阪からの関空快速は14:33発で関空に付くのは15:45になるらしい。 
おいおいこれでは、かなり厳しいぞ。 

とにかく天王寺まで行けば別の関空行き列車があるかもしれないというので環状外回りに乗る。 
何かやたら停車時間の長い列車で、本当にやきもきしていたところ、西九条で、京都からの関空特急「はるか」というのが向かいのホームに停車したので、救いの神だと、慌てて乗ったら指定席車両で、ずいぶん歩いて自由席に移り、乗務員に清算頼んだら、特急券料金\1,200加算された。 
でも関空到着15:02だから、これなら余裕で間に合う。 
この前済州島からの帰り、釜山で待ち時間にバスで市場まで出て、余裕こいてキムチゲなど食べて、すんでのところで大坂行の便に乗り損ないかけたばっかりなのに、一向に反省が見られないというか、学習能力が皆無ということだな。 

ともかくチェックインしたら、このチケットは1年前のもので、関空の空港使用税が含まれていないといわれる。 
この前、取られなかったので、廃止されたのかと思ったが、単に最近ははじめからチケット料金に上乗せされているらしい。 
すっかり忘れてたけど、なんと\2,650もする。 
チケット料金に繰り入れたのも、この価格を提示するたびに怒り狂う客が後を絶たなかったから、その弥縫策ではないかと勘ぐってしまう。 
以前、貧乏旅行の韓国若者が、持ち金が全然足りず、大騒ぎしてるのを見たこともあるし。 

それはともかく、10番ゲートで待ってたら、3歳くらいの支邦服に中国風髪形の女の子が兄と一緒に走りまわっていた。 
すごく可愛かったので、母親に頼んで写させてもらおうと英語で頼んだが埒があかない。韓国語で言ったらすぐ通じた。 
見た目は中国人みたいだが実は韓国人だった。たしかに関空からソウルへ行く中国人家族はあまりいないに違いない。 

カンクンノート 登場口付近のカウンターに、「カンクンノート」と言うのを見つけてえらく嬉しかった。 
いわゆる思い出日記みたいな奴で、「関空」の「関」に男の子の呼びかけ「君」をつけて命名したのだろうが、キムヘヨンのファンであるMorris.は、これを見たら彼女のヒット曲「カンクンナムジャ-肝の太い男」を思い出さずにはいられない。 
ヘヨンファンクラブの名前も「カンクンナムサダン」だったから、なおさらだ。 

予約で頼んだ通り、16Gという席は右窓側主翼前で見通しが良かった。 

隣席に割と若い韓国人男性が座ったので、いろいろ聞いてみる。 
キムジヨン君30歳で、正月休みを利用して二泊三日で、大阪、京都、神戸を回ったらしい。 
神戸の話をネタに話しが弾んだ。彼はカメラが趣味らしく、ニコンの一眼レフF50を持っていた。他にデジカメも持参、あちこち撮りまくったらしい。 

この前KALの機内食の貧しさを愚痴ったが、ANAのこの便は機内食自体が存在しないようだ。 
ビールとピーナッツだけだ。うーーむ。 

夕方の雲海はまあ奇麗だったが、彼との話に熱中してあまり良く見なかった。 
過ぎたるはなんとやらである。 

5時前に入国手続き終了。今日のレートは\100=960ウォン。 

地下鉄6号線の最寄駅に行くリムジンバスを探して、5-Bバスでハプチョンまで出ることにする。 
これが6,000ウォンで、地下鉄は600ウォンだからかなり安い。 

ビールなど買って、パクサ宅に到着したのはちょうど9時だった。 
長男の姿が見えないほかはパクサ家族全部と、他に男の友人が3,4人いた。 
正月休で、遊びに来たといった感じ。 

パクサ夫人と済州島の話、義理の兄の店に行ったことなど写真を見せて話す。 
今度は一緒に行こうといわれたが、どうなることやら。 

パクサは友人と花札賭博に忙しいみたいだ。 
末息子のソンイルは相変わらず悪ガキぶりを発揮している。 
姉のミナちゃんのだった部屋を一人占めして、完全におもちゃ部屋に変身させてしまっている。 

おまけにわけもわからずに、電源入っている、デスクトップPCのマウスをぐるぐる動かして遊んでいる。 
これはちびくろを持参しているMorris.にとっては脅威以外の何物でもない。 
パクサと夫人にくれぐれも、ソンイルに手を触れさせないよう頼む。 

Morris.はその隣のミナちゃんと長男共用の部屋でくつろぐようにいわれたが、これは花札が終わるまでの一時的措置であることを願いたい。 

どうやら、今夜は花札やってる友達がスタジオに泊まるみたいだ。これだからやっぱり旧正月は避けるべきだった。 

それにしても10時過ぎて、ちょっと腹が減ってきた。 
パクサ宅の夕食(夜食)が遅いのはいつものことだが、今日は昼前のラーメンだけで、機内食が無かったのがこたえる。 
お土産に持ってきた日本の菓子類の中からおかきを引っ張り出して食べる。 

そうこうしているうちになんとパクサから、ノレバンに行こうという誘い。 
パクサのノレバン嫌いは良く知ってるから、どうした風の吹き回しかと驚いたが、友人の一人チェホンギルさんが、すごくカラオケ好きで、どうしてもノレバンに行きたいと言うのでお付き合いと言うことらしい。 
悪ガキソンイルもいっしょというのがちょっとヤバイかと思ったが、まあともかくも、パクサとノレバンに行くと言う機会を逃す手はないよな。 

ノレバンで歌うパクサ パクサ宅から歩いて10分くらいのノレバンは開店していた。 
さすがに休日の最後と言うことでよく混んでいる。 
それでも何とか部屋に入る。とりあえず、ホンギルさんが「チャピョハンジャン」、Morris.が「チャプチョ」と有名な曲から始める。 
やっぱりパクサは歌わず、何とビデオカメラをセットして、わしらを撮影しはじめた。 

こうなったらどうにでもなれと、Morris.はオーバーアクションで踊り出すわ、ホンギルさんは唸る、唸る。 
とりあえず、歌ってるのをパクサにビデオに撮られた日本人はMorris.くらいのもんだろう。 

最後のあたりで、なんとパクサが自分の曲(学校売店のうた)を歌ってくれた。 
これには感激してデジカメに収めたのだが、まさにその時隣にいた悪ガキのソンイルが缶ビールを蹴飛ばして倒したらしい。 
お尻が冷たいなと思ったら、時すでに遅し。ジーンズのお尻の部分がぐっちょり(*_*)、おまけに靴にもいくらかかかってしまった。あわててカウンターでタオル借りたが後の祭り。 
ジーンズはもう一本持って来てるから、パクサ夫人に洗濯頼もう。 

パクサ宅に戻ったのが零時半を越えていた。 

夫人は料理に余念が無い。 
おそろしいことに、先のビデオをデッキにつないで、みんなで見始めた。おい、おい、ちょっとそれはないだろう。 
いやこれは、ホンギルさんの歌ってる部分だけをVHSにダビングしていたのだった。良かった、良かった。 

そうして、夜食が出たのが零時40分。 
キムチチゲ、キムチ、ナムル、岩海苔、サバ、テンプラその他で、ご飯も小豆の入った美味しい奴。 
これでやっと人心地ついた。 
その後、夫人とビール飲みながら、済州島旅行絵日記(プリントアウトした奴)を見せていろいろ話す。 
ミナちゃんも興味をもったらしく熱心に写真を見ていろいろ話した。 

結局2時過ぎに就寝ということになった。 
意地汚いMorris.はこっそり焼酎飲むことになっている(^_^;) 

窓 なかなか眺めの良い席だ 夕陽 飛行機の背中に小さな夕陽が キムジヨン 隣に座っていたキムジヨン君
おもちゃ部屋 ここは姉のミナちゃんの部屋だったのに、今では完全にソンイルのおもちゃ部屋 やめてくれ 悪ガキソンイルの本領発揮。電源入ってるのにマウスぐりぐり ノレバンパクサ ノレバンでビデオ撮影のパクサ
パクサ宅の最初の食卓 パクサ宅の深夜の御馳走 パクサの友人ホンギルさん パクサの親友ホンギルさん 旧正月晴れ着の女の子 正月の晴れ着を来た女の子
 

2003/02/03(月)●すでにポンチャッキー状態●
9時半起床。 
8時半に目覚ましかけてたつもりが、ベルがオフになっていたらしい。 
まあ、まだみんな寝てるようだ(^。^) 

洗顔して、昨日ビールびたしになったジーンズなど洗濯場に持って行く。 
そろそろパクサも起き出したようだ。 

今週のスケジュールを聞いたが、今日マネージャーが来てから打ち合わせるとのこと。 
とりあえずそれを待つしかない。とにかく今回は一度はパクサのステージを見たいので、まずはそれを決めてから動くつもりだ。 

忘れないうちにユカリちゃんのポンチャックCD「唄の花束」をパクサに聞いてもらうことにする。 
例によって途中で何度も停止しながらも最後まで聞いてもらう。 

感想を聞いたら「ポンチャクディスコメドレーは、コンピュータ処理しないで、キーボード奏者とリズムマシンだけで、一発録りすべきだ」とのこと、また、リズムと歌にもう少し迫力がほしいとか。 
ともかくもいちおうユカリちゃんの存在をパクサに知らしめたことにはなるだろう。 

そのあと、パクサのオリジナル新曲「アリランチャンチャックン」のデモテープ、さらには2月1日(旧正月)に、TBMラジオに生出演したときのテープも聞かせてもらう。 
これはなかなかに楽しかった。 

新曲の楽譜数枚を出して、Morris.にも歌うように言う。 
歌詞は手書きですごく読みにくかったが、楽譜があると何とか付いて歌えるようだ。 
結局30分近く歌唱指導??受ける形になってしまった(^_^;) 

朝食を食べ終わったらもう、正午前だ。 
マネージャーがいつ来るかはっきりしないので、しばらく近辺を散歩することにした。 

とりあえず、同徳女子大へ。 
門番から誰何されたが、適当にごまかして中に入る。 
韓国は学校は3月から始まるので今は長期の冬休み中である。人も少なくあまり見るものも無い。 

日陰にはまだ雪が残っているし、道の水たまりは凍りついてるから、結構気温は低いのだろうと思われるが、それほど寒いっ、という感じではない。 
風が無いのと、日射しがあるからだろう。 

同徳女子大講堂横の椅子の山 講堂が工事中で外に破壊された机や、椅子が乱雑に積み重なっていた。 
鉄棒と厚板で作ったスツールなんかそのままアンチック屋で売れそうなものなのに、ちょっともったいない。 

学校を出て、コルモッキル(路地)を、わざと迷いながらさ迷い歩く。 
同徳女大付属幼稚園があったので、覗いたら10人くらいの子供が、庭で砂場遊びやサッカーなどやっていた。 
デジカメで写してたら、先生(女子大生)が声をかけたので、日本から来た観光客で子供が好きなので(ウソ)、写してるといった。 

そのままウォルゴク市場(めちゃ小規模+寂れてる)をのぞき、地下にあるドリームマートというスーパーを冷やかす。 
お茶のコーナーでは、ポリチャ(麦茶)、オクスス茶(トウモロコシ茶)、インサムチャ(朝鮮人参茶)などが多く、他はさまざまな伝統茶がある。緑茶もその他の茶の一種くらいの扱いだ。 
ソルロクチャ(雪緑茶)は数種類のものがおいてあり、やはり韓国緑茶界ではトップの貫禄を示していた。 

ところで、Morris.好みの紅茶となるとまるで人気が無いようだ。 
デパートに行けばティーバッグや缶紅茶もあるのだろうが、街のスーパーではあまり見かけない。 
この店でもとうとう見つけることができず終いだった。 

韓国料理に欠かせない調味料「タシダ」のスティック状の分封を二つ買う。 
大袋なら鶴橋にもあるが、このスティック状の奴はない。 
タシダは空気中の水分を吸って固まりやすいので、一人暮らしのMorris.は、この分封が欲しかったのだ。 

2時半に戻ったら、長男がもどっていた。 
どうやら彼は一人暮らし始めているらしく、時々パクサ宅に戻るようだ。 
今自動車学校に通っているそうだ。 

まもなくマネージャーがやってきたが、2月前半はパクサも暇で、これというスケジュールはないそうだ。 
うーーん、残念。 
今回のMorris.の目的の第一はパクサのステージを見ることで、それを優先してからあとの予定を考えるつもりだったのに、こうなったら、好き勝手に動くことにしよう。 

共通交通カード 今回は地下鉄、バス共通で使える交通カードを手に入れなくては、と3時にパクサ宅を出ようとしたら、とにかく食事していくようにといわれ、キムチポックンパブをいただく。 
Morris.もよくうちでこれ作るし、結構自信あるのだが、流石に本場ものを出されると彼我の実力差を感じぜざるを得ない。 

パクサ宅前から10番のマウルバス(ひと回り小さい超ローカルバス)でミアサムゴリに出る。 
地下鉄、バス共通で使える交通カードは、駅前の売店で簡単に買うことができた。 
Morris.が買ったのは、一般用10,000ウォン。これにカード料2,000ウォンが別途にいる。 
後は残高が少なくなったら、このカードに万ウォン単位で充電してもらえばいい。 

しばらく近辺を散策する。 
ここの市場はシンウン市場でビルの1Fだが、オープンな感じの食堂(屋根の無い屋台風)が入っている。 

このあたりの裏町には、なかなか風情のある伝統的家屋が並んでいた。 

その後早速カードを使って地下鉄でインサドンへ。 
いやあ便利だ。 
地下鉄の改札口の上に設置されている磁気読み取り器にカードや、カードを入れた財布なり、かばんなりをあてがえば、そのまま出入できる。残高は液晶で表示される。 

鍾路3街で降りてインサドンへ。女性の飴売りが例のハサミをガチャガチャ鳴らして客を呼んでいた。 

トットの想い出の品たち 「トトエオレデンムルゴン-トットの思い出の品々」という店では鉄腕アトムや昔の玩具などを集めて若者にえらく人気があるようだった。 

映画のポスターを看板にしていた「自由夫人」は無くなっていた。 
一度も入らずじまいだったことが悔やまれる。 

脇道の「東西古美術」に入って見る。 
ここは店先に石造等を並べているので、前から目に付いてはいたが、あまり韓国風ではなかったので敬遠していたのだ。 
中は思ったよりひろく、4部屋くらいに区切られて、ありとあらゆる骨董品が集められ、何か無造作に置いてある。 

石の虎や、石臼、古い眼鏡や、人形など本当に博物館みたいだ。 
太極マークの古いブリキのジェット機にMADE IN CHAINAの文字があるのが笑いを誘う。 

以前絵葉書を買ったことがある「ソリハナ」という店で女店主に色々話を聞く。 
Morris.のこともおぼえていてくれたようだ。 
刺繍やパッチワークの色彩が韓国特有の原色ではなく、淡いパステルカラー中心になってるのは、若者の趣味らしい。 
チマチョゴリもアースカラーの渋い色調のものが流行しているとのこと。 

7時にYMCA前で杉山さんと待ち合わせ。 
10月に会ったときはMorris.が腹痛のためちょっと辛い思いをしたが、今日は大丈夫。 

まずは腹ごしらえで「チュンチョンタッカルビ」で骨無し鶏カルビをあてに、ソジュを飲みながらホームページや俳句の話。 
ソウル俳句会の最新句集と98年の第三句集をいただく。 

風車かぜおもひだしまはりけり 杉久(さんきゅう=杉山さんの俳号) 

その後ノレバンへ直行。 

途中日本語で「たこ焼」と書いた屋台があったので二人分買う。 
5年前からやってるらしい。味は美味いとは言い難いが、それほどひどくもない。 
ただ、二人分を一つの容器に詰め込んで、べちゃっとなってるのがいただけなかった。二人分買ったのが敗因だな。 

ノレバンでは1時間の予約だったのに、カウンターのアジュマが2回もサービスで延長してくれたのでたっぷり1時間半以上歌うことができた。 
杉山さんも日本語の歌を交えてMorris.とタイで歌い続けたから、これはなかなかのものだと思う(^_^;) 

その後、カフェに入り、カプチーノ飲みながらまたしばらく歓談して別れる。 

丸太あんま台 地下鉄1号線でソッケまで出て6号線に乗り換え。 
ソッケ駅のホームの柱に「トンナムエアンマデ-丸木の按摩台」と表示のある凹凸に加工した木が取り付けてあった。 
Morris.が背中をその木にあてがってぐねぐねとこすりつけていたら、回りの客がくすくす笑う。 
若い男がこれはそういう風にするんでなくて、ちょっと前に立って、後ろに倒れ込むように背中をバウンドさせるのだと教えてくれた。なるほど。 

キムパ(のりまき)とビールを買ってパクサ宅に戻ったのがちょうど午前零時。 
子供もみんな起きていた。 

パクサはスタジオで新曲の構想中、キーボードとリズムマシンでどんどん歌詞を作っている。 
面白くて、ああだこうだいいながらいっしょに口ずさんだりしているうちに、ユカリちゃんのポンチャックCDを取り出して、今度はしっかりひとつひとつ分析批評してくれた。 

さらに気になっていた「好き同士」のオリジナルを教えて欲しいと言ったら、さすがレパートリー5万曲(^。^)のパクサだけに即座に韓国語で完璧に歌ってくれた。 
ところが、タイトルと歌手がわからない(パクサは歌詞さえ覚えればそれでいいというスタンス)。 
何と携帯で仕事中のキムスイル氏を呼び出し電話で歌ってタイトルを調べるようにという。スイル氏もパクサ同様、メロディと歌詞は覚えているので、カラオケの本を使って調べており返し電話で知らせてくれた。 
「モクソクカッツンサナイ=木石みたいな男」という曲で歌ってるのは李シスターズだった。しかし、何という贅沢な曲目検索ぢゃあ(^_^;) 

ちびくろ内蔵ノレバンにこの曲が入ってることがわかったのでさっそく歌ってみる(^○^) 
パクサが悪ノリして、キーボードでこれを練習、あっという間に生演奏の伴奏が付いてしまった。 
しかしMorris.は歌詞が覚えられない。 
ちびくろの画面と合わせるのは至難の業である。 

さらに、さらにパクサが、Morris.の一番好きな歌を伴奏してやるという。 
今何時だと思ってるんだあ(^_^;) 

でも図々しくイミジャのデビュー曲「ヨルアホペスンジョン-19の純情」をスローテンポで歌うことにする。 
しかし、本当にこんなことがあっていいんだろうか。 
あまりの嬉しさに真夜中ということも忘れて声をはりあげてしまった。 

気が付いたら2時半である。いくらなんでもそろそろ寝ることにした。 

付属保育園 同徳女子大付属保育園の中庭で砂遊びする女の子達 地下鉄のカード読み取り装置 地下鉄改札口カード読み取り装置 トットの懐かしい品たち 「トットの懐かしい品たち」の店の前懐かしグッズ満載
刺繍店 ソリハナは韓国小物の店で、最近パステルカラーの商品に人気があるらしい 東西古美術 東西古美術-Oriental Antipuesの外観 店内 店内はほとんど博物館状態
古いジェット機 太極模様の古いジェット機中国製 石臼 石臼-東南アジアのものらしい。欲しい。
仮面 韓国とアフリカの仮面
タッカルビ タッカルビ 練習中y パクサはいつもスタジオで遊んでる。いや作曲したり、練習したりしているのだ。 ソンイル 悪ガキソンイル、どアップ
 

2003/02/04(火)●女優と2ショット● 
9時起床。 
昨日の日記を打つ。えらく長くなってしまった。 

例によって遅い朝食をいただき、パクサ宅を出たのが10時過ぎ。 

地下鉄乗り継いで、ソウルの中心を東西に横切る大河ハンガン(漢江)の中ノ島、ヨイドに出る。 
この島はオフィス街で、国会議事堂や放送局、教会などがある。 

今日はKBS(韓国のNHKみたいな放送局)のラジオ国際放送日本語班のスタジオ見学だ。 
去年の年末にテープによる韓国歌謡コンクールでMorris.は「ポンチャク賞」(^。^)を貰ったので、そのお礼と挨拶を兼ねて行くことにしたのだ。 

映画撮影 実はMorris.はこの日本語放送は、インターネットでたまに覗くくらいであまり聞いてないから、ちょっと心配ではある。 
まあ、何とかなるだろう。 

約束の訪問時間午後1時だから、ずいぶん早く着き過ぎたので、国会議事堂の写真でも撮ろうと島の東端まで歩く。 
門の前までいったら、この門が邪魔でちゃんと建物が写らないので、守衛に頼んで、写真撮るだけということで、中に入らせてもらい撮影(^_^;) 

外に出て戻ろうとしたのだが門前の脇で、割と大掛かりなTV中継みたいなことやってて人だかりしてたのでちょっと覗いて見る。 

よく分からないので、近くにいた奇麗なお姉さんに尋ねたら、映画の撮影らしい。 
タイトルは「大韓民国憲法第一条」で、3月末に公開されるとのこと。 

しかも、何とMorris.が尋ねた女性こそ主演のエジウォンだった(^○^) 
そう言えば公務員らしい制服に分厚い六法全書みたいなものを小脇に抱えている。 
せっかくだから2ショットをお願いする。 

これも何かの縁だから、この映画は機会があれば見ることにしよう。 

中国人観光客団体がいてえらくうるさかった。時間が迫ったので適当に切り上げる。 

KBSの2F受付は昼休みで担当の女性が一人しかいなくてえらく忙しそうだった。 
KBS職員はパスを持っているので地下鉄の改札口みたいな出入り口にカードを当ててすぐ入れるのだが、部外者は、住民登録証と交換に仮パスを貰うシステムらしい。 
外国人はパスポートを預けることになってるようで、Morris.はちょっと焦ってしまった。 
パスポートはパクサ宅に置いたままだったのだ。 
本当は常時携帯するべきなのだが、Morris.は無くしたら困るので、手帳にコピーを入れてそれで当面ごまかすことにしてたのだった。 
事情を話して日本語班のひまわりさん(ラジオでの愛称、本名はサユジン)に電話してもらい、何とか入場することができた。 

KBS本館5階のラジオ国際放送は、同じ部屋に複数の班が同居していて、ゆっくり懇談するには不向きな感じだった。 
コアラさん(キムヘヨン)、ラッコさん(キムヘソン)、アリスさん(キムアソン)、主任のワニさん(二日市氏)などがいて、すぐにスタジオへ直行。 

スタジオ録音風景 日本語放送のスタジオはアラビア語班と共同使用しているらしい。 

最初はアリスさんのナレーションによる歌謡サロン。 
15分の枠で彼女のナレーションと録音された生の音楽やインタビューで構成するものだが、エディターのひまわりさんの手さばきにすっかり見惚れてしまった。 

以前ならオープンリールテープで大変な作業だったのが、今や、PCまかせで、一人でちゃかちゃかと処理できる。 
うーーーん、なんとなくそうなんだろうと思っていたが、こうやって実際に見ると、PCの威力に改めて感心してしまった。 

その後は日本人より日本語の上手い韓国人すきまさんと、在韓日本人一色まゆみさんによる「玄界灘にたつ虹」。 
エディターはラッコさんに交代。スポーツ評論家のチョドンペさんを交えての30分枠。 
昨日の女子アイスホッケー試合(韓国が北朝鮮に10-0でボロ敗け)で、両国の敵対意識、特に北から逃げてきた選手への執拗なボディアタックと試合後のよそよそしい態度が問題になったらしい。 
日本人観客が北朝鮮に罵声をあびせたに違いないし、えらいことになったことは容易に想像が付く。 

録音終了後、一色まゆみさんとちょっと話をする。 
彼女は宮崎出身で6年前からソウルに住んでいるとのこと。なかなかキュート(^○^)な女性だった。 

帰りはひまわりさんに送ってもらい3時半に退出、しっかり2ショット。 
Morris.はひまわりさんがすっかりお気に入りになった。 
これからラジオ韓国日本語放送もちゃんと聴くようにしよう。 

太極旗が日章旗に!? ヨイドの中央を南北に縦断する巨大公園が復活していた。 
南部は自然公園で木製の舗道が設えてあり、兎などが放し飼いにされている。 
中央は広場公園で、ローラースケートや自転車を乗り回すようになっている。 
スケートは1時間3,000ウォンで、やろうかとも思ったが、こけて、怪我しそうだったから止めておいた。 
広場の北端には巨大な大極旗が掲揚されている。これに太陽が重なるところで撮影してみた。 
大極旗が日章旗になるところ!?(^_^;) 

林の中には、回りの松並木よりうんと背の高い、どでかい世宗大王の坐像もあった。 

7時にチェミンヒさんと待ち合わせの約束した建大入口へ。 

時間もあるし、建国大学は行ったことが無いので見物することにする。 

いやあ、なかなか巨大な大学だ。 
起伏のある地形にさまざまな建物が点在している。 
すごく大きな池を巡ると雰囲気のある橋がある。池はまだ半分凍っている。 
その氷の上にバスケットボールが鎮座していた。かなり使い込まれたものだがしっかりしている。 
これは悪ガキソンイルへのお土産にすることにした(^_^;) 

建大の博物館は煉瓦造りのいい感じの建物だったが冬期休暇中は閉館とのこと。 

大学を出て駅前の街を流す。このあたりはやたらカルビ店が多い。 
駅の南はちょっと洒落たファッションショップが並んでいる。 

ノレバンの後記念写真 ミンヒさんは、この前会った時より奇麗になったみたいな気がする。 

ともかく食事ということで、混んでいる店を物色して(^_^;)テジカルビを注文。 
ビールにソジュも頼んですっかりいい気分。 

食事の後は、当然のごとくノレバンターイム(^○^)ミンヒさんは初めJ-POPの日本語攻勢だったが、レパートリーが無くなり後半は韓国歌謡に切り替え、Morris.はしっかり「モクソクカッツンサナイ」まで歌ってしまった。 

ノレバンのアジョシが、延長サービスしてくれたのでたっぷり1時間半以上歌い続けた。 

再会を約束して地下鉄でパクサ宅へ帰宅。 
パクサは寝ながらテープで新曲のアレンジに熱中していた。 
Morris.もお相伴(^。^) 
結局就寝は2時前だった。 

国会議事堂 国会議事堂 女優と2ショット 撮影中の女優エジウォン、右はソンギョンシク監督 撮影風景 撮影風景
ラジオ韓国日本語班のみなさんと KBS国際放送日本語班の皆さん 日本語班 日本語班の職場。だだっ広い事務所に多くの班と同居している ひまわりさん 一番のお気に入りひまわりさんと
ヨイド広場 ヨイド広場公園 sジョン大王 世宗大王坐像。でっかい!! 建国大学 建国大学の夕景
テジカルビ テジカルビ ミンヒさん ちょっとクールなミンヒさん 熱唱 唸るMorris.
 

2003/02/05(水)●全羅道日帰り●
9時半起床。 

パクサ一家は全羅北道イクサンのパクサの養母宅に新年の挨拶に行くという。 
良かったらMorris.もついてこないかと誘われた。 
片道4時間近くかかるから、11時に出れば、とんぼ返りしても午後7時。 
完全に一日使ってしまうことになるから迷ったが、やっぱり付いていくことになった。 

10時にマネージャーと、なぜかコーディネイターのユンミギョンさんがやってきた。 
養母の挨拶に行くのに、コーディネーター呼んでメーキャップまでする必要があるのか、よくわからない。 
でも彼女はおとなしい、感じのいい子だったので、Morris.としては嬉しい。 

チョンウォン海鮮専門店  昨日の映画撮影であったエジウォンが各種スポーツ新聞の一面に 出発前に近くの海鮮専門店で、テグタン食べる。まあまあの店だった。 
パクサがよく行く店らしく、店員ときさくに話ししていた。 

結局マネージャー、コーディネイター、パクサ夫婦、ソンイル、Morris.の6人で出発。 

車内でパクサが持っていたスポーツ新聞見たら、何と一面に昨日国会前で2ショット撮った、エジウォンの写真が載っていた。 

昨日の撮影で、国会の中でロケをする、させないで一悶着あったらしい。 
半分やらせだろうが、あの後彼女が国会の鉄の門を乗り越えたみたいで、その写真が大きく掲載されていたのだ。 
もう一部あった別のスポーツ紙の表紙も同じだった。 
記念に持って帰ることにした。 
ふーん、こんなことなら国会議事堂の写真写すとき、この鉄門も写しとくんだった。 

途中一回休憩所で降りて、目的地に着いたのは午後2時半だった。 
やっぱり遠い。 

パクサ養母宅はイクサンのイリカントリークラブのすぐ近くで広い草原の中の豪華な一軒家だった。 
家のすぐ近くにすごい桜並木があって、春にはさぞ奇麗だろうと思われた。 
70をとうに越えてる感じのハルモニは、とても元気だった。 

Morris.が日本から来たというので、忘れかけていた日本語で話ししてくれる。 
嬉しくもあり、もうしわけないような気もした。 

旧正月の御馳走 正月の挨拶をして、本当に食台に溢れんばかりの正月料理。 
蒸しカルビなどは箸で掴めないくらい柔らかくできていてすごく美味しかった。 

外に出て、ふらふらする。なかなか気持ちいい。 
赤い凧が落ちていたので、揚げてみる。それを見たソンイルが、真似をする。 
なかなか上手くいかないのを、やっと揚げることができたので喜ぶまいことか。 
おおはしゃぎで走り回っていた。 

その後また部屋で果実やセンガン茶を御馳走になる。 

日本の歌の話してたら、ハルモニが突然 
「旅のつばくろさびしかないか---」 
と歌い出したのでMorris.も唱和したら、えらくよろこばれてしまった(^。^) 

時間が無いので4時に別れを告げる。 
おみやげに干し柿と、なんでかパンツを貰ってしまった。御主人が「TRY」というブランドの下着メーカーの会長ということらしい。 

帰り道は夕陽に向かって走る感じだった。 
一面に雪が残ってるところも多い。 

結果的に今日は休養日になったといえるかもしれない。 
それもまたよしとしよう。 

なんて、思ってたのが、とんでもない間違いだった。 

つらら 車はソウルではなく、内蔵山方面に向かってひた走る。 
パクサ夫人の故郷全羅北道チョンウプへ向かっていたのだった。 
このあたりはすっかり雪に覆われている。 
貯水池も凍った上に雪が積もって真っ白だ。 
軒下には大きな氷柱が垂れ下がっている。 

夫人のオモニム代わりの伯母であるハルモニは76歳でパクサの養母と同い年。 
やっぱり無茶元気で、マッコリも一気飲みである。 

夫人の兄さんがリーゼントに髭面でかっこ良かったが、写真は嫌いだということで撮影できなかった。 

パクサ夫婦とミギョンさん、夫人の兄さんと一緒に雪の野原を1kmほど歩いて墓地へ向かう。 

30cmくらいの雪があるので結構大変だった。雪の上に鳥や兎の足跡があってとても可愛らしかった。 

墓地には二つの土饅頭があり、半分雪に覆われていた。 
マッコリとスルメを供えてパクサ夫婦は雪の上に座り込んで礼拝した。 
これには宗教心の薄いMorris.もちょっと感激した。 
Morris.は日本式に礼拝して、マッコリ一杯いただく。 

それにしても内蔵山を中心としたあたりの風景はすばらしい。 
パノラマ写真を試みる。 

内蔵山の裏側一帯  
 

上の続き  パクサ夫人の実家のあるチョンウプは内蔵山のふもとにある。上の2枚のパノラマ写真は本当は1枚に続けたいのだが画面の関係で二つに分けた。ほぼ180度くらいをカバーしている。

夫人の親戚宅を回り、夕食も御馳走になる。 
何とこの家は、済州島牛島の「ソムサラム」で調理担当しているいとこの実家で、彼が旧正月で帰省していた。 
まさかこんなところで再会するとは思っても無かったのでびっくりした。 

とりあえずここで一泊するか、という話も出たのだが、結局午後8時に別れを告げ、ソウルに向かう。 
帰りは道も空いていたので11時にパクサ宅へ到着。 

ちょっと休んだあと、朝にも行ったチャンウォンサンコッケ専門店でコッケチム(花咲蟹蒸し煮)食べる。 
いやあ、今日は朝から晩まで美味いもの食い続けだ。とどめのこの店ではMorris.一人でソジュ飲んでしまったし。 
ああ、いい気分。ノレバンは行き損なったがこれはこれで充分楽しめた。 

パクサ宅に戻って、これを打ちながら、神戸から持参した麦焼酎「二階堂」お湯割り飲んでる。 
お土産に持ってきたはずなのに、すでにMorris.ひとりで半分近く飲んでしまってる(^_^;) 

テグタン チャンウォン海鮮専門店のテグタン 店内 すっかりお馴染みの店らしい パクサ養母宅 パクサ養母の邸、立派だ
凧揚げ 広場で拾った赤い凧揚げるソンイル 内蔵山夫人とその兄 内蔵山方面に向かうパクサ夫人と兄 夫人とハルモニ 夫人とハルモニ(叔母)
雪の中 雪の中を墓地まで歩く 墓参り 旧正月の礼拝するパクサ夫婦 御馳走 地方色濃い御馳走
カニチム 朝にも行ったチャンウォン食堂の花咲蟹のチム カニ飯  蟹チムの残りで作った蟹飯。チムよりこっちの方が美味い(^_^;) 母子 眠る母子。悪ガキソンイルも寝顔は可愛いぞ。
 

2003/02/06(木)●やっぱりパクサのステージは最高!!● 
9時起床。 

パクサが着替えしている。 
一緒にインチョンに行こうという。 
何があるのか聞いたら、先輩芸能人チャンドルプンの小公演のゲストとして行くとのこと。 
おお、これで久しぶりにパクサのステージ見ることができそうだ。 

午前中はマネージャが別の用事があるので、タクシーで出発。 
かなり遠いし、高速使ったのでインチョン市プヒョン駅まで4万ウォン近くかかった。 
これは高いなあ。 

駅前でチャンドルプンのマネージャーの車に乗り、今日競演する俳優キムジュンベと一緒に今日の会場ハンナムCITY PLAZAへ。 
キムジュンベは人気ドラマ「野人時代」の次期主演男優に決定しているとか。 

9階の会場には100人余りのアジュマ(おばさん)ハルモニ(おばあさん)で熱気むんむん。 
どういう催しなのか良く分からないので、主催者に聞いたら、健康器具メーカーが、購入者やバイヤーに招待状を出して催す謝恩会みたいなものらしい。 

会場はアジュマハルモニだらけ パクサが舞台に上がるだけですごい歓声があがる。 
1曲歌った後にデジカメ撮影してるMorris.をネタに面白おかしく話し始める。 

日本のパクサファンクラブ会長で、KBSノレチャランで大賞(ほんとは人気賞)をとったというくらいなら、それほど間違ってはいないが、NHKの関係者で、東大卒業で、神戸の地震では、父母、兄弟、友達も死んでしまい、天涯孤独になった、なんてのは、あんまりではないかい(^_^;) 
と思ったが、ここであれこれいうこともないだろう。 

さらには舞台に呼ばれて韓国語で挨拶までさせられてしまったよ(^_^;) 

この前テープで聴かせてもらった「アリランチャッチャックン」「コッパラムヨイン」など新曲中心の選曲で、ついついMorris.はアジュマと一緒に踊り出して、途中でパクサから注意されたりもした(^_^;) 

ジュンベ氏が歌った後、チャンドルプンの一人歌芝居。 
これはよれよれの老人に扮して、異常な悲哀を帯びた歌を歌うのがかえって笑いを誘う、ということになってるようだ。 

昼休みに4人で隣の食堂に行き、パクサの強い勧めで、インチョン名物のコンビジタンを頼む。 
一見雑炊みたいに見えるが、大豆を粗く崩したスープで、これだけで充分なくらい量があるし、美味しかった。 

午後のステージまでちょっと時間があるので、会場の裏のプピョン市場を冷やかし、PC房へ。 
韓国に来て5日目にして初めてPC房というのは、遅すぎるが、ずっとパクサ宅にいて、行動をともにすることが多かったし、とにかく時間が無かったのだ。 

いつのまにかMorris.部屋のアクセスが、70,000を超えていた。とりあえず祝賀ハプシダ!! 
メールは30通以上来ていたが、大部分はMLもので、個人的なものはあまり無かった。 
しかしこのPC房では、日本語は読めても、書くことができないので、ぐいぐい酒場と、メールの返信は、ローマ字になった。 

午後からの公演第二部では、パクサが「恋は蝶々」など懐かしいところを披露してくれた。時間は短めだったが、2度にわたる生ステージ見ることができて、今回の旅の第一目的は達成。 
写真もいっぱい撮ってしまった。 
チャンドンプルの2回目のステージは、赤ちゃんをおぶった乞食の格好でカクソリタリョンを始め、さまざまな歌を歌いながら、完全にコミカルなステージ。Morris.は最初、この乞食がチャンドンプルとは別人だと思ってしまった。 

ステージの後、一緒にインチョンにある先輩宅に行こうと言われたが、夜は約束があるので、4時過ぎに一人でソウルに戻ることにした。 

駅前の地下商街はえらく複雑に広がっているし、えらく奇麗だ。 
衣料店のアガシに尋ねたら2年前に大幅に改装されたらしい。 
一般的に韓国の地下街はMorris.にはあまり面白くない。この地下街も奇麗なだけであまり興味を惹くものはなかった。 

偽物中古リーバイス、ポケットのステッチに注目 ただ中古ジーンズの安売りが多く、リヴァイスのものが万ウォン均一で出てるのは安いので、一つ買ってもいいか、と、手にとって見たら、裏のタグが、知らないブランドになってる。 
お尻のタグだけを他のジーンズに縫い付けたものらしい。 
そう思ってみると、あちこちの店で同様の商品が見つかった。 
これはまだ日本では見られない商品である。 
これから韓国に行く、Morris.同様金の無い旅行者の皆さんは、中古ジーンズには気を付けてください。 

プピョン駅からソウルまでは、地下鉄一本で繋がっているので、ソウル中心部まで40分かからない。 
こんなことなら、一日も早く、この地下鉄をインチョン空港まで延長してもらいたいものだ。 
そうすれば、韓国への行き来がぐっと楽になること間違い無しである。 

市庁前で下車して、徳寿宮前の観光案内所に行ったが、すでに閉まっていた。 
なぜかカウンターに、今日付の毎日新聞とスポーツ新聞がどさっと平積みされている。 
これは韓国観光公社のサービスなのだろうか。 
とりあえず一部ずついただく。予想どおり、大して見る記事はない。 
中島らもが大麻で逮捕されたことくらいか。彼は一時アル中で死にかけてたし、今回の事件などで、ますます無頼派作家の道を突っ走ることになるのだろう。 

市庁前から北上してキョボ文庫へ向かう途中、東亜日報のロビーを覗いてみたら20人近くの人が、えらく熱心に新聞を見て、中には切り取ったりしてる。 
受付アガシに聴いたら明日の新聞の校正をやってるのだとのこと。何で1階のロビーでやってるのかは聞きそびれた。 

日本語入門書ベスト10順に並べてある。Morris.はNo2を買った。 キョーボ文庫は韓国一の本屋なのに、Morris.は何故か去年秋の旅では足を運ばなかったので、2年ぶりと言うことになる。 
考えてみれば、パクサと親しくなってからは、あまり本屋や古本屋に行かなくなったような気がする。 
理由はうすうす分かってしまう。 

昨夜ミナちゃん(パクサの娘)が、突然日本語の勉強を始めると言い出した。 
3月から中学3年生で、高校での第二外国語に日本語を選ぶことにしたらしい。 
嬉しくて外国語コーナーの、初級日本語教本を物色。 
ものすごい種類があり、目移りしたが、ちゃんと人気順にベスト10が並べられている。 
パラパラと見て第2位の本を買うことにした。小さな単語集とカセットが付録に付いている。 
ついでに小さ目のトロット曲集も買ってしまった。 

午後7時にYMCA前で、ANAの機内で隣に座ってたキムジヨン君と待ち合わせ。 
彼はこの近くの旅行社に勤務しているらしい。 
会社の先輩イヒョングンを同行してきた。 
まずは食事で、ビジネス街の地下一階にある「ソリンナクチ」で、ナクチ(蛸)チャンゴル。 
二人から、辛い、辛いと脅かされたが、何のことはない。ここではソジュで乾杯。 

ジヨン(左)とヒョングン、ナクチチョンゴルの前で ヒョングンは33歳で独身。 
韓国ではすでにノーチョンガク(婚期を過ぎている独身男性)の部類にはいるかもしれない。 
ジヨン(30歳)だって危ない。まあ、Morris.と比べるとレベルが違うけどね(^_^;) 

ヒョングンは日本に何度も行ったことがあり、日本語もいくらか話せるのでわからない単語が出たとき助け船を出してくれる。 

食事を終えて、さあノレバンへ行こうと思ったのだが、二人がその前にホプでビールでも飲もうという。 
はやる心を押さえて2Fにある「Main Hof」へ入り、率先して隅の席を選ぶ。 
腹に一物あるMorris.がわざわざ隅っこの席を選んだのは、壁の下部に電源を見つけたからだ。 

生ビールで乾杯したあと、やおら鞄からちびくろを取り出し、まずはMorris.ページを紹介した後は、当然のごとくちびくろノレバンターイム(^_^;) 
二人は初めびっくりしていたが、すぐにノリノリ状態。 
他の客の迷惑も顧みず、ジョッキお代わりして、しっかり20曲くらいは歌ったと思う。 

その後、お目当てのノレバンに入ったのが9時半過ぎ。 
アルコールは程よく回ってるし、ホプで予行演習は済まして来た3人だけに、最初からノリノリ、大爆発の状態。 
Morris.はほとんど1時間、絶叫して踊りまくっていた、と思う。 
11時前に再会を約束して別れる。 

午前零時ちょうどにパクサ宅にもどったが、まだパクサはインチョンから帰っていなかった。 

ミナちゃんに日本語の教本をあげたら、とても喜んでくれて、Morris.も嬉しかった。 

キムジュンベ(左)とパクサ 俳優キムジュンベ(左)とパクサ パクサ やっぱりステージのパクサはいい パクサ2 パクス、パクスウ(拍手、拍手)
アジュマ大笑い ああ、楽しいねえ パクサの先輩ドルプン パクサの先輩チャンドルプン 食堂で 食堂でビジタン食べるパクサ
ピジタン インチョン名物コンビジタン ドルプンのカクソリ これもチャンドルプン プヒョン市場 インチョンプピョン市場
パクサとチャンドルプン パクサとチャンドルプン 地下街 プピョン駅前地下街 日本の新聞 案内所の日本の新聞
校正 東亜日報本社1階での校正作業 3人 ジヨン、ヒョングンと3人で 熱唱 相変わらず元気
 

2003/02/07(金)●家庭内ノレバン●
[パクサ引越しの夢]イパクサの引越し作業している。途中で材料が全く足りなくなる。奥井さんに言うと、何とかごまかしてくれとのこと。みんなは芝生の庭でくつろいでいる。白人の宗教団体が炊き出しをしてそれをみんなで食べる。Morris.は材料のことが気になって食事どころではない。庭ではお祭りが始まる。どうしよう、どうしよう、と思いながらMorris.もお祭りの渦の中に巻き込まれていく。 

10時半起床。 
どんどん夜型の生活が浸透している。 

結局パクサは昨夜インチョンに泊まったらしい。 
11時ごろマネージャーと一緒に戻ってきた。 

遅い朝食というより、昼食をいただいてパクサ宅を出たのは1時過ぎだった。 

朝からかなり曇っているし、特に予定も無い。 
6号線1本で行ける、ワールドカップ競技場に向かう。 

  一部工事中でえらく遠回りさせられた。途中道の向かいに「マポ農水産物市場」の看板のある大きな建物があったので覗いて見る。 
魚市場、野菜市場が整然と並んでいる。 
思ったより規模が大きい。 

びっくりしたのは玉子問屋で、紙のケースに入った卵が数十列ごとに薄い板をはさんで、2m以上積み上げてあったことだ。 
まさに累卵の眺めだが、一番下の玉子にはかなりの重量が加わってるはずなのに、大丈夫なのか、と、ちょっと心配になった。 

競技場は観覧席の一部を解放してあるものの、特に面白いものではない。 
DVDによる大画面の画像室で、しばらく2002年5月の韓国"be the red"旋風のダイジェストを見る。 
イタリア、スペインなど韓国が勝った試合は見せ場を追って編集してあったのに、負けたドイツ戦は全く出てこないところが、韓国らしい。 

そのまま地下鉄で別のところに行こうかと思ったのだが、向かいの台形の山にジグザグになった階段が模様のように見えて面白かったので、登ってみることにした。 
ハヌル公園と名づけられている。枠は鉄だが、階段は厚板で作られている。 
300段近いこの階段(帰りに数えたら288段あった)を登るとやはり息が切れる。しかし頂上からの眺望はなかなかのものだった。 

競技場から漢江までを一望できる。 
これはパノラマ写真を撮らなくてはと、さっそく実行。 
その後案内板を見たら、見事なパノラマ写真が掲揚されていた。これを写した方が早かったかもしれない。 

ワールドカップ競技場  

上の続き、ハンガン  ハヌル公園から眺望したパノラマ写真。これも連続するのを二つに分割した。上はワールドカップ競技場が中心。下はハンガンがかっこいいと思う。

公園を降りて吊り橋風にデザインされた歩道橋をわたって、もう一つの公園に行ったら、駐車場の一部を仕切って、ローラースケートホッケーの練習をやっていた。 
アイスホッケーの変種なのか、すでにジャンルとして確立してるのか知らないが、たしかに最近韓国では、ローラーブレードがすごく流行っている。 

もう一つ流行ってるのが自転車で、10年前はソウルで自転車といえば、荷物運搬用のごっつい奴くらいしか見なかったのに、最近はマウンテンバイクに、ライダースーツを身に付けた男女をよく見かける。 
ハヌル公園の頂上まで自転車で登って来る者も少なくなかった。(もちろん、階段でなく、サイクリング専用道路が設けられている) 

両替と靴を物色するため、イテウォンに出る。 
地下のげてもの市場も見て回るが、これというものはない。 

イテウォンの人気者、カサブランカ はしっこのあたりで、白黒の可愛い小型犬を見つけて追いかける。 
手押し屋台で、アクセサリーを売っているアジュマの飼い犬で名前は「カサブランカ」だと。生後7ヶ月くらいでとにかく可愛い。 
数枚撮影したが、動きが速いので追いつかない。 
彼女は他にも数匹の犬を飼っていて、これを看板代わりに使っているらしい。 

その後、客引きの兄ちゃんに付いて地下に行く。 
贋物の時計などいろいろ出されたが、Morris.は初めから買う気はない(^_^;) 

PC房に入り、メールチェックをしようとしたが、完全文字化けで、文字コードクリックしても埒があかない。 
結局地下鉄乗り換えて鍾閣に出て、例のYMCA隣のビルの2FのPC房で、チェックと書き込み済ます。 

ぐいぐい酒場に、昨日会ったイヒョングンの書き込み(ローマ字日本語)があった。濁音などの韓国人らしい間違いがあって、かえって面白かったが「hontouniyokattawa」というフレーズがあったので、掲示板見た人は、彼を女性だと思ったに違いない。 

鍾路をぶらぶら流して、コルモッキルの食堂に入り、吉美ちゃんの書き込みを見て無性に食べたくなった、スンドゥブチゲを頼む。 
可も無し不可もなしといったところか。 

クラウンベーカリがあったので、サンドイッチとガーリックパンをお土産に買い、9時に帰宅。 
パクサは知人の母が亡くなったので、慌ただしく出ていった。 

今夜は、夫人とノレバン行くつもりだったが、これでは、どうなるかわからない。 
ともかく飲もう。 

結局今夜はノレバン行けそうにないので、ちびくろノレバンの出番だ(^。^) 

夫人が好きなチョヨンノクの曲を8曲メドレーで流して、後はキムヘヨンの「アッサ超特急」の曲目順にセットしたアルバム機能を活用して、代わりばんこに歌う、歌う。 
夫人もよく歌を知ってるし延々2時間は歌い続けたと思う。 
もちろんビール、ソジュどんどん飲むし、すっかり、いい気分になってしまった。 
ノレバンに行けなかったのは残念だが、まあ、これなら安上がりだし、良しとしよう。 

お開きになったのは零時過ぎと思うがほとんど覚えていない(^_^;) 

市場 マポ農水産市場 魚市場 魚市場 競技場 競技場内部
DVD DVD上映館 サインボール 韓国チーム全員のサイン入りボール 競技場全景 競技場全景
ローラーホッケー ローラーホッケー フラワー フラワー? 飼い主 カサブランカ、フラワーの飼い主
 

 
←戻る 次へ→
HOME