Morris.版耽羅奇行 2003/01/10〜17
2003冬・済州島絵日記
日出峰からハルラサンを望む
日出峰から望む済州島
【第一部】Morris.、雑誌モデル・デビュー!?01/10〜12
【第二部】美味しすぎるぞ、済州島 01/13〜14
【第三部】あっという間の1週間だった 01/15〜17
【テクスト版】画像無しの本文だけのページ 01/10〜17
韓国部屋topページ
Morris.in Wordland

Morris.は88年から韓国に行き始めて、30回近く訪韓してるのに、何故か、済州島には一度も行ったことがありませんでした。

実は10年程前に半島南端の木浦まで行き、そこからフェリーで済州島に渡るつもりで、チケットまで買ったのに、突然の大雨で、キャンセルした思い出があります。

2002年末に、PC通信時代から、ネットで親しくさせていただいている、高ヒョンミさんから、京都の某雑誌で、済州島特集を担当することになり、それの最後にイパクサに関する記事を3pほど請け負うようにとのメールをいただきました。パクサのこと書いてお金になるのなら、こんな美味しい話は無いと思い、ちゃかちゃかと書いてメールで送ったら、えらく長い(^_^;)というので、半分以下にカットされてしまいました。

そんなこんなのやり取りの中で、1月10日から1週間ほどヒョンミさんが、済州島に取材に出かけるのだが、ライター兼モデル(^o^)として同行しないかという話がありました。はじめは冗談半分で行くよ行くよと返事書いたのですが、瓢箪から駒でこの話が本決まりになってしまいました。

交通費、食費、宿泊費まで向こう持ち、さらに済州島の特Aクラスの高級ホテル2件に宿泊するという特典まで付いてるということで、Morris.は舞い上がってしまいました。

ところが、年末の春待ちファミリーBAND納会で、しっかり風邪をもらい、正月5日間はずっと寝込む状態で、その後もきつい咳が止まらず、どうなることかと心配しましたが、とにかく、咳き込みながら10日に関空から済州島に出発しました。

ヒョンミさんは、成田からの出発でした。現地では、元在日で9年前から済州島に住んでいる、コーディネータの慎さんの自家用車での案内付きで、移動と、取材は非常にスムースに進行しました。

宿泊の方は最初の4泊が高級ホテル、後の3泊は普通ホテル(それでもMorris.の通常の旅では高級な部類に入る)でした。多分料金は10倍くらいの差があったと思います。

生まれて初めて、雑誌のモデルやったり、とんでもない高級料理をいただいたり、初めての済州島を車で縦横無尽に取材して回ったので、一般旅行客よりはずいぶん多くのところを見ることが出来たと思います。

さらに、夕方以降のオフタイムでは、Morris.は酒と料理とノレバンに溺れて、本当に夢のような1週間でした。
ちびくろは持っていってたので、日記はいちおう打ってましたが、遊ぶのに忙しくて、かなり省略気味の傾向がありました。

デジカメは450枚ほど撮影しました。今回のアップに際して、約半分に削りましたが、それでもかなり、多いので、3部に分割する事にしました。

それぞれ1MB以上あるので、ダイヤル接続の方は、HDなどにダウンロードして、ゆっくり見ていただけるとありがたいです。
また、いちおうテクストのみのページも作っておきます。今回も「絵日記」というタイトル通りヴィジュアル主体なので、できれば写真を見ていただきたい気がします。

1月の済州島はシーズンオフで、天候もあまり良くないらしいのですが、不思議なくらい晴天に恵まれ、その意味でも、いい取材旅行になったと思います。

今回の旅では、何と言ってもヒョンミさん、慎さんにお世話になりました。ここで、感謝の言葉を贈りたいと思います。

感謝ハムニダア!!

【第一部】Morris.、雑誌モデル・デビュー!?01/10〜12
【第二部】美味しすぎるぞ、済州島 01/13〜14
【第三部】あっという間の1週間だった 01/15〜17
【テクスト版】画像無しの本文だけのページ 01/10〜17
韓国部屋topページ
HOME