キムヘヨンの世界
ヘヨンマッチ
●キムヘヨンの「南行列車-ナメンヨルチャ」が聴ける\(^o^)/
●Morris.ホームページに戻る
●韓国部屋トップページに戻る
●ニューアルバムレビュー  
●エップンカペの素

 キムヘヨン(金惠連)は、ポンチャックディスコの歌姫です。Niftyで知り合った、京都のうり丸さんが、彼女に夢中で、Morris.もあっという間に、感染してしまいました。
うり丸さんは、彼女と韓国語で話したいというだけの目的で、1年間ソウル延世大學語學堂に留学。Morris.もソウルに行って、彼女と、彼女の所属するTOP MUSICのソパンソク社長と接触。公認ファンクラブを結成するに至りました。会長はうり丸さん、Morris.は神戸支部長です。Niftyのホームパーティ(現在はパティオ)「ポンチャクの総本山」を根城に、ヘヨン+イパクサを中心に、ポンチャクの啓蒙普及に励んできました。現在、うり丸会長が東京に仕事に出て、ちょっと活動が停滞気味ですが、ポンチャクは永遠にに不滅です。これから徐々に充実させて行きたいので、長い目で見守って下さい。

1997年12月17日にソウルの某ナイトクラブで、ヘヨンさんに会いました。そのときうり丸さんが日本のファンのためにメッセージをたのみ、ウォークマンで録音しました。短いものですが、mp3ファイルをアップしておくので聞いてみてください。
内容は以下のとおりです。

アニョンハセヨ キムヘヨンです。日本のファンのみなさんと直接お会いできなくて胸が痛いです。
今ここに、カジュオシ(Morris.のこと)とカンガジシ(うり丸さんのこと)がおいでですが それ以外のファンの皆さんはいらっしゃらないですものね。
是非、あたしもできるだけ早く日本に行って、ファンのみなさんといっしょに会える時間を作らなくてはという気持ちになりました。
皆さん健康に注意して、これからも歌手キムヘヨンのことを愛して、応援よろしくお願いしますね。ありがとう。(パチパチパチ カムサミダ )



★関連ページ★
カンクンナムサダン分室

【キムヘヨン プロフィール】

1971年3月28日ソウルで生れる(現在は仁川在住)
1990年 仁川専門大体育科入学
1993年5月「パボカッツンヨジャ−馬鹿な女」でデビュー
1994年 南北統一を扱いながら、輕快なリズムで、全国を風靡した「ソウル・テジョン・テグ・プサン、チッコ!!」で大ブレイク
1995年 「アボジ−お父さん」発表。
1996年 「カンクンナムジャ−膽の太い男」またまた大ヒット。
1997年 「エップンヨウ−美しい狐」で妖艷なダンスを披露
1998年 韓国演歌のヒットメーカー、ソルウンド作曲「トヌッキジョネ−手遅れになる前に」発表。IMF時代の応援歌として話題を集める。
2001年8月26日、結婚
2002年3月 アルバム「キムヘヨン9番目の話」リリース。「クデルルサランヘ」がヒット

★特報★
キムヘヨンさんは、2001年8月26日、結婚されました。当日の写真と、朝鮮日報の記事の要約を掲載します.  
トロット歌手キムヘヨン、ウエディングマーチ  

人気トロット歌手キムヘヨン(30)が26日午後1時、ソウルセントラルシティ、ミレニアムホールでチェーンストア事業を運営する事業家、コヨンウン氏(36)と結婚式を挙げた。アナウンサー、シンドンホ氏による司会進行のこの日の式は、ハンファガプ民主党最高委員が媒酌を勤め衆目を集めた.ハン委員はモッポ同郷出身である、キムヘヨンのマネージャであるソパンソク氏の請願により実現したもの。

キムヘヨンは結婚の記念として、「唯一の人」など自身の歌を愛してくれたファンのために、インターネットホームページ(www.urimusic.co.kr)を通じて、応募先着順100名に記念CDをプレゼントするイベントを行った.

結婚式
 

  TOP