top 歌集 読書録 植物 愛蔵本 韓国 春待ち mail 掲示板
Morris.日乘2009年6月 
Morris.の日記です。読書記録、宴会散策報告、友人知人の動向他雑多です。新着/更新ページの告知もここでやります。下線引いてある部分はリンクしているので、クリックすれば、直行できます。  
今月の標語
野豚グループ

【2009年】 5月 4月 3月 2月 1月
【2008年】 
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2009/06/30(火)●ポッサムキムッチー!!!!●

朝は雨降ってなかったが、天気予報見たら、夕方の降水確率80%だったので、歩いて摩耶埠頭へ。
途中バイク猫2白黒がカバーされたバイクの横で所在無げにしてた。
浅海君ら6人でトアロードのマンション5Fの釜山向け荷物(^_^)のピックアップ。旦那がオランダ人、奥さんが韓国人で、以前浅海君が広島から韓国に荷物を送った現場のクライアントらしい。
Morris.が韓国語話せるとわかって、すっかり意気投合した奥さんと韓国語でいろいろ話できて楽しかった。
昼は近所の喫茶店でサービスの唐揚定食、おまけのデミタスコーヒーが美味しかった。
今日は会えなかったけど、10歳の娘がいて、ユンジョンちゃんの「オモナ」が十八番らしい(^_^) 彼女が処分したとおぼしい漫画「人気ある女の子、人気ない女の子」という本を貰って帰る。クラスで人気のあるキャラクタの分析とノウハウ本らしい。これならMorris.でも辞書無しで読めそうだ(^_^;)
3時半に作業終えて4時過ぎに倉庫に戻る。
安原さんから電話で、お客さんからキムチもらったが、自分は食べないので要らないか?とのこと、ありがたく頂戴することにした。今夜はこれでキムチチゲでも作ろうと、マルハチで豆腐、野菜など買って6時前帰宅。
チゲの下ごしらえしてから、厳重に包装されてたキムチのタッパーを開けてびっくり玉手箱、ぢゃなかった、何と中に入ってたのは、キムチの王様とも言われるポッサムキムチだった(@_@) Morris.はこれまで何度か食べたことはあるのだが、どれもいまいちだった。
でも、今日のポッサムキムチは、ひと目見ただけでこれまで見たのとは違う。ちょっと小ぶりだけど、それがまた贅沢感を醸し出してる。こんなのをキムチチゲに使ったら罰が当たる(^_^;) とりあえず1個だけ味見。うーーーーーん、美味しいーーーーーっ\(^o^)/ 適度な辛味と甘み、白菜キムチに包まれてる中身は、千切り大根、モヤシ、松の実、セリなどとりたてて珍しいものがあるわけでもないのだが、このさりげない心配りがすばらしい。
ああ、幸せである。キムチチゲにするつもりの鍋はキムチ抜きになったけど、これはこれでそれなりに美味しかった。
今夜の阪神−中日戦。4-0と幸先良くリードを奪ったが、気が付いたら4-5と逆転されて、そのまま負けてしまった(>_<)


雨の日のバイク猫

雨の日のピンクの海芋

「人気ある子、人気無い子」(^_^;)

ヤガの一種?

美味しすぎるポッサムキムチ

こちらはそこそこ(^_^;)
2009/06/29(月)●ひさびさ名古屋●

4時起床。久々の名古屋の現場である。
5時過ぎに灘駅にトラックで拾ってもらう。
新名神語在所SAでの30分ほどの休憩時に、施設裏の係員待機所付近に雉虎発見、またもしばしMorris.@Catographerモード(^_^;)
ここで自販機では格別に美味しいアドマイアコーヒーのカプチーノ(\200)飲んで、休憩所の欅の木肌眺めたりして、現場に着いたのが8時45分。これだけ休憩できるのなら6時出発でも良かったのかもしれない。
今日の現場は日系ブラジル人の帰国荷物で、Morris.は台所と子供部屋を担当。
昼食はコンビニ弁当で冴えなかったがが、作業自体は順調に進み、4時過ぎに作業終了。
途中、先日電話勧誘の某NTTネットワークから携帯に電話入る。ぐいぐい酒場にも書いたが、どうもこの会社の勧めるブロバイダは、あまり評判が良くなさそうだ。ということで、今回の話は無かったことにする。別に今のYahooのADSLでとりたてて不都合はないものね(^_^;)
作業終了と同時に雨が降り出した。ラッキーと言うべきか(^_^;)
8時前帰宅。


御在所SA施設裏側の雉白

欅の根元付近の木肌

アドマイヤのカプチーノ

【絹の変容】篠田節子 ★★☆☆ 20年近く前の本である。何で今頃こんなのを読んだのか良くわからない。灘図書館でぱらぱらと開いて、最初の絹織物の表現に心惹かれたのかもしれない。

七色の光の帯は、時には布から二、三センチも浮き上がって見えた。染色による効果でない織りの加減か、あるいは、特殊な糸を使ったものだ。薄明かりの中に、燦然と輝く白無垢の打ち掛けのイメージが、彼の心を捉えたのは、この瞬間だった。

八王子の織物業者の末裔長谷康貴が、土蔵で見つけたこの絹織物を復元しようと、天才的女性生物学者有田芳乃と協力して、この幻の生糸を生み出す変異種の山蚕を飼育し、さらに変異を強めるため交配や細胞転移手術で、餌の希少な植物の代わりに肉食性の蚕に変貌させる。そしてついに幻の生糸を得るが、ショーでこの生糸の白無垢の打ち掛けを着たモデルは、ステージ上で急死する。

「包帯も、織り出される所はきれいなものね」
芳乃は、彼の椅子に無遠慮に腰を下ろしながら言った。
「次には、絹で織ってみようか?」
「とんでもない話だわ」
彼女は笑いながら続けた。
「日本人には少ないけど、絹のアレルギーって、外人にはあるのよね。接触性皮膚炎といって、絹の蛋白が、皮膚表面のリンパに作用する場合もあるし、吸いこんだ細かな繊維が、抗原になっていろいろなアレルギー反応を起こすこともあるわ。触れた皮膚に湿疹ができるの。毛穴から、体液が染みだしてぐしゃぐしゃになって、ひどいときには、呼吸困難や、ショックで血圧が一気に下がることもあるわ」
「じゃ、絹の下着なんてとんでもないわけだ」
「そう、いくらきれいでも、あれは虫の唾液みたいなものよ。異種蛋白の最たるものだもの、アレルギーが起きて不思議はないわ。欧米の化学繊維の発見と普及というのは、これが、大きな理由なのよ。まあ、普通の人と、普通の絹なら、問題無いでしょうけど」


これは、先のモデル事故への伏線だが、Morris.はこの内容自体に関心を覚えた。
その後事故で外部に逃げ出した山蚕が異常発生して鶏や人を襲い、特にアレルギー体質の者には瞬時にして壊滅的なダメージを与える。このあたりから、SF、スプラッタ的になり、Morris.はこのては苦手なので、ちょっと辟易してしまう。
最後は芳乃が、以前研究室で開発した、蛾類に致命傷を与える黴を使用して事態の収拾を図るのだが、どうもストーリーが、雑すぎて、長編のダイジェストを読まされているような気になった。
バイオやクローン、遺伝子操作などが本書のモチーフとして使われているが、これはこの前読んだばかりの南伸坊の「生物学個人授業」とリンクする部分がありそうだ。あの当時かなり話題を呼んでた記憶がよみがえってきた。
本書は200p足らずの中篇と言えるものだが、著者の名前は「女たちのジハード」という作品で印象に残っていた。何となく敬遠していたが、秋本君が評価してたので、気にはなっていた。こんどはそちらを読んでみることにしよう。
評点が低いのは、Morris.嫌厭の「手をこまねいて」表現(119p)があったのも減点対象になっている(^_^;)

2009/06/28(日)●ヨドコウ迎賓館あたり●

8時に部屋を出て阪急で芦屋川に向かう。部屋を出たら目の前に白猫登場、ついついMorris.@Catographerモードに(^_^;)
ちょっと早めに芦屋に着いたので、ちょっとふらふら。開森橋際に「猿丸云々」という石碑があった。百人一首の歌人の中で猿丸太夫くらい謎めいたものはいない。そのためか、ぜんこくあちこちに猿丸大夫ゆかりの地というのがあるので、これもその一つかと思ったが、良く見ると「猿丸翁頌徳碑」とあり以下の文章が刻まれていた。

津乃国蘆屋の里に猿丸安時翁といふあり家世々村長たり天保十二年翁の世と為るや古来この地方の災害たる蘆屋川乃水を 治めむことを志し池溝を鑿り堤防を築き辛苦二十餘年にして其目的を達せり此を以て災害一朝にして除かれ人仰ぎて神と稱せり翁明治十三年 七十七歳にて没しぬ村人敬慕の餘碑を建て々長く其功を傳へむとす抑も翁は歌人猿丸大夫の裔なり翁の如きは遠祖の嗜みし歌道の誠を心として 世を済ふ道に盡くされしものと言ふべし嗚呼今より後も大夫の歌と共に翁の功徳の世に仰がるることは蘆屋川の萬代に絶えざる如きものあらむ
大正五年十一月

後でネットで調べたら、「安時は自ら千年前の歌人猿丸大夫の44代目の末裔と称し和歌を好み、 姉との和歌応答集が残されている」という記述もあった。やはり猿丸大夫と無関係というわけでもなかったらしい。さらにこの石碑から100mくらい西には「猿丸」という表札の住居を見つけた(@_@) これは猿丸翁の末裔と言う可能性が高いだろうな(^_^;)
現場に向かう道は「ライト坂」と書いてある(^_^;)。前から気になってた「ヨドコウ迎賓館」が目の前にあった。フランク・ロイド・ライト設計で、個人宅としては珍しく国の重要文化財指定である。土日水祝日の午前10時から午後4時まで開館されているらしい。今日は日曜日と言うことで開館していたが、入館料\500で、Morris.は時間も無いので、入場はパス。それでも外観だけでも充分楽しめた。
この迎賓館の東側の高台にも典型的な洋館があり、これも素晴らしかった。
今日の現場はオランダ領事館関係で、矢鱈部屋が多い(^_^;) 今日が三日目で明日が最終日。Morris.はゲストルームや子供部屋に入り、ちゃかちゃかと梱包。昨日休んだおかげで、かなり好調に作業進行(^_^)
昼は阪急芦屋川駅北の西山町まで戻り、「三十番」という広東料理屋で、肉丼とワンタンのセット。ワンタンなんて久しぶりに食べたが美味しかった。
帰り道、先の猿丸翁碑の横に、谷崎の「細雪」の石碑もあることに気づいた。文字は愛妻の松子夫人のものらしい。
午後もひたすら梱包に専念。5時半までみっちり作業して、終了。
阪神は、昨日横浜に負けて、今日も8回まで0-2で負けてたが、9回表に藤川投入、9回裏関本の逆転タイムリーでサヨナラ勝ち。何とか勝ち越しで横浜戦をクリアした。
明日は四時起きで名古屋である(^_^;)


近所の白猫

猿丸翁頌徳碑

猿丸さん家

裏から望むヨドコウ迎賓館

「ライト坂」(^_^;)

不思議なデザインである

このあたりも風情がある

入場口

真下から見上げる

向かいの高台の立派な洋館

大二帯泥蜂

西山町の重信小児科

広東料理「三十番」

肉丼ワンタンセット

ワンタン美味しかった(^_^)

トルコ料理「サクルエブ」

この猪の絵は可愛い

「細雪」石碑
2009/06/27(土)●かるぱっちょ(^_^)●

8時半起床。流石に疲れが抜けない。本当に今日は休みにしておいて良かった。
洗濯、朝風呂、掃除という休みの朝の三点セット済まして、ミニギターで遊んでたら、部屋の電話が鳴った。Morris.は部屋の電話はほとんど使わなくて、ネット接続専用なのだが、何だろう?と思って受話器を取ると、「NTT西日本ネットワークの○○です」という。NTTから何か連絡事項かと思ったら、光回線への勧誘だった。工事費無料で維持費もそのまま、yahooのメールアドレスも、サービスもこれまでと同じように使えるというので、それならお願いすると返事したら、後ほど別のものが電話します、ときた。30分後に別人から電話。どうやらYahooを解約して、別のプロバイダに乗り換えることになるらしい。何となくきつねにつままれたようでもあるし、電話勧誘特有の、もってまわった説明と、変に丁寧すぎる口調に、ついこちら側は横柄になってしまう。そして工事日とその前にチェックの日は立会いが必要だから、空いてる日を調整するため、後ほど別のものが電話しますだと(^_^;)
3時半に歯医者の予約してたし、夜はかるぱっちょのライブに行くので、その由を伝えたら、ちょうど3時に今度は女性からの電話。通信サービスの説明と工事日取りの打ち合わせ云々で15分から20分かかると言う。おいおい、歯医者に間に合わないぞ、と、要点だけ話せと言っても、契約内容やら、費用の説明を棒読みする(^_^;)、ちょっといらついて、またつっけんどんな対応してしまったが、結果的に7月半ばに工事の係りが部屋に来るらしい。
何とか3時半に歯医者に行き、部分入れ歯の調整。先週調整してもらった後、やたらほっぺたや歯茎を噛むようになって、往生していたのだった。あちこち削ったり研磨してもらい、何とか大丈夫だろうと言うところにおちついた。
その後灘図書館に寄り、歩いて六甲学生青年センターへ。飛田さんがいて、有機栽培の水出しコーヒーを飲ませてくれた。最近買ったKENWOODのMP3プレイヤーの自慢(^_^;) SDカード8ギガ入れてるとのこと、しかもこのカードが\2,000台と聞いてちょっとびっくりしてしまった。メモリーカードのインフレはまだ進行中らしい。灘図書館で借りてきた神戸レトロの本や、斉藤さんのブログの紹介や、四方山話に花を咲かせて、6時前に退出して、近くのライブハウス「Maiden Voyage」へ。Morris.お気に入りの洋楽邦楽融合盛り合わせバンド(有)かるぱっちょのライブが目的である。
前回の新開地での演奏は30分に満たないもので、ちょっと欲求不満だったが、今回は1時間くらいやるというので、Morris.は三脚とビデオカメラ持参、久しぶりにカメラマンに徹することにした。
今回の催しは、世界の虐げられた子供たちを救うためのチャリティの一環で、3バンドの出演。かるぱっちょはトップバッターだった。えりたんはお馴染みの赤と白の巫女さんコスプレ、何とこの下にメイド服着てて、曲間に脱皮変身、さらにその下にラムちゃんコスプレまで着てて、ワンステージで3衣装というのがすごかった。しかし、この暑い時期に、よくやるよなあ(^_^;) Morris.はコスプレ好きだから、思いっきり楽しませてもらったけど、やってる方は大変だろうな。
客の入りも良くて、ほぼ満員の状態。「与作と一緒」「とまらない電車」「スモークオンザサリー」「ブラックひょうたん島ナイト」「ゴジラvs.モスラ」「恋に落ちたLet it be」「人生らくだ」「うるとら337拍子」「どんどんRock You」と、お馴染みの曲一通り演ってくれて、きっちり1時間楽しませてくれた。Morris.はビデオ回しながら、デジカメ撮影もおさおさ怠りなくで、これも久しぶりで、面白かった。ビデオの位置の関係で、ベースのくーちゃんがほとんど映像に入ってないのが残念だった。満員状態で、近くに手持ちのビデオカメラで撮影してる客がいたので、移動できなかったのだ。
次のバンドをBGMに、メンバーとだべりながら、ビールをかたむける。
最後のバンドには、えりたんがキーボードで参加、ということで、これはデジカメを三脚に固定してほとんどスポット撮影(^_^;) えりたんのキーボードもたっぷり堪能。すっかり満足したが、その後すぐ近くの「NIJUUMARU」(以前飛田さんらと行った店)に打ち上げでなだれ込み。Morris.はしっかりえりたんのとなりに坐って、すっかりいい気分になってジョッキを重ねた。いやあ、楽しい一日だったあ(^_^) 電車で三宮まで行ってUターンして帰宅したらちょうど午前零時だった(^_^;)


お好み焼き屋の飼猫

水出しコーヒーと飛田さん

有機栽培コーヒー「森のしずく」

巫女えりたん

メイドえりたん

ラムえりたん

魚眼ステージ

ドンパン節(^_^;)

リードギターアロハ社長

ベースくーちゃん

ドラムノック横山

ダンスコーラスかおり〜ん

キーボードに徹するえりたん

やっぱり笑顔ぢゃ(^_^)

熱演中

魚眼打上全景

お約束2ショット(^_^;)

社長両手に花
2009/06/26(金)●groggy(>_<)●

7時に甲子園口で拾ってもらい、京都御所隣のフランス人現場最終日。
昼はひさしぶりに「ほんやら洞」でも覗いておこうと店の前まで行ったけど。店開いてなくて、一昨日と同じ「グリル鴨川」のB定食。やっぱりボリューム多すぎて食傷気味。この店のトイレは裏にあって、その向かいに洗い場があったが、まさに昭和三十年代といった感じのセメント作りの流し台だった(^_^;)
だいたいこの現場三日ではとうてい無理だとおもったのに、強引に三日でやろうと最終日の今日は要車かけたり、バイトいれたりしての突貫作業(^_^;) でも結局5時になっても終わらず、6時過ぎまでかけて何とか終了。Morris.はほとんどグロッキー状態(>_<)
京都から神戸までもどり、帰宅したら8時半。明日は仕事休みにしておいてよかった。
今日から野球再開で、5位阪神は再開横浜とあたって、9-4で楽勝だった。相手が巨人でなくて良かったね(^_^;)


ほんやら洞ドア閉まってた

グリル鴨川

懐かしいというか(^_^;)
2009/06/25(木)●ユギオ●

昨夜11時からNHKで椎名林檎の特番やってた。何となく気になる歌手だけに、録画しながら見たのだが、やはり只者ではない。
30分番組でちょっと物足りなかったが7月1日に第二部があるとのこと。これは見逃せない。福岡の中学校時代、影響を与えた技術家庭の先生の話が印象深かった。また、子供向けのみんなの歌に書き下ろした「ふたりぼっち」という歌はすごく良い歌だった。うーーん、椎名林檎、目が離せない。
6時半起床朝、8時前にJR西宮駅前待ち合わせて、宝塚雲雀ヶ丘山手のイギリス向け荷物引き取りの現場。とにかく、強引に住宅を造ったという感じの区画で、石段登ってさらに別の石段登った上の2階建て住宅(>_<) 荷物は30個くらいだったが、後から具志堅君がヘルプに来て、ほとんど一人で搬出してくれた(^_^;) 昼は客が買ってきてくれた弁当。これがなかなか美味しかった(^_^)
昼から具志堅君と、昨日の京都の現場に向かう。途中桂川SAで一服。蝶やコガネムシなど撮影。
京都の現場で5時過ぎまで梱包(>_<) 帰宅は7時過ぎてた。
今日6月25日は、59年前のこの日朝鮮戦争勃発の日である。あちらでは625(ユギオ)と呼ぶ。今週の歌謡舞台はこれに関連して、軍歌のオンパレードだった(^_^;) またキムスヒが「断腸のミアリ峠」なんか歌ってくれたのが嬉しくもおかしかった(^_^;)


豆黄金虫

ネジバナ(文字摺)

褄黒豹紋
2009/06/24(水)●京都御所あたり●

朝、甲子園口で待ち合わせて今日の現場、京都御所近くのマンションへ。フランス人夫婦で、矢鱈家具が多いし、骨董品、装飾品も多い。これで3日取りはちと無理だと思う(^_^;)
Morris.は玄関に出てた和風の引き戸や和箪笥などの梱包。
昼休みは今出川通りのグリル喫茶で日替わり定食。フライものやら何やらかにやらえらく量が多くてやや食傷した(^_^;)
帰り道、神戸の北野異人館通りにありそうな、ヴェランダコロニアル建築の洋館があったので、ちょっと覗いてみる。同志社の施設らしい。後でネットで検索したらFriend peace houseというのが見つかった。紹介はそちらにゆずる(^_^;)
現場の近くの浄土宗大本山清浄華院(しょうじょうけいん)も覗いてみたがやはりあまり面白い寺ではない。六地蔵やその他の石仏があったが、境内の多宝塔の横に新しい立て札があり、「篤姫の墓」と記されてあった。
帰りは甲子園球場前で降ろされたので、阪神で三宮まで出てそのままUターンで6時半帰宅。
韓国では昨日5万ウォン札が発行されたということで、韓国のニュースサイトでは話題になっていたが、KBS日本語放送のひまわりさんとしおりさんは、「あたしら買物はほとんどすべてカードですますし、5万ウォンなんて持ち歩かないから関係ないわ」と言ってた(^_^;)


茶の花に似ているけど違う

巣立ち間近のツバメの雛

京極小学校

異人館発見

Friend peace houseと書いてある

ヴェランダコロニアル様式

清浄華院の石仏

篤姫の墓?

門扉の大きな菊の紋
2009/06/23(火)●サランバン●

8時半起床。
良い天気である。いわゆる梅雨の晴れ間。
午前中は部屋でごろごろ(^_^;)
昼前にミニギターもって王子動物園へ。まぬうはいなかったが、白孔雀がほんの瞬間翅をひろげてくれた。
例のSL食堂車で写真絵葉書を何通か書いていたら、突然車内に黒ヤギが侵入してきた(^_^;) 
動物園を出て、バス停裏の広場で1時間半ほどミニギター練習。今日は民謡を中心に練習。
2時半に帰宅して、またしばらくごろごろして4時前にJRで大阪に出て、旭屋書店を冷かす。実業之日本社から戦前の「少女の友」の豪華復刻版みたいなのが出てた。\3,800では手が出ない。4階の語学コーナーで韓国語のテキスト物色するも、これというのが無くてパス。
7時前にサランバンへ。マスターとママしかいなかったが、あとからふくちゃんとpostmanがやってくる。ふくちゃんは先週仕事で韓国に行ってきたところで、仕事の合間に北村、三村洞あたりを徘徊してきたらしい。チャプチェキムパなど差し入れしてくれた。キムパはめちゃくちゃ辛かったけど美味しかった。またKALのイヤフォンセットも貰う。
今日はポルカ中心に古い曲をpostmanと対抗して歌いまくる。
8時ごろ増田さんが後輩?と二人で来店、後輩は韓国の歌は駄目で日本の歌しか歌わない。なかなか上手だったが、やっぱりこの店で日本の歌ばかり歌われると何だかなと思ってしまう。
11時前に店を出て、なんとか三宮で目を覚まし(^_^;)、ユーターンして無事帰宅(^_^;)


白孔雀

ボブキャット

SL車内にヤギが乱入

プリンスコーヒー店の看板インコ

バス停裏の広場で練習

今日のサランバン(postman提供)
2009/06/22(月)●外来語●

塩屋ジェームス山の現場なので、歩いて現場直行したのだが、朝からの雨で、これはちょっとしんどかった(^_^;)
昼前には一度雨もあがり、晴れたのだが、夕方にはまた雨になった。
楊梅ジェームス山に多く自生している楊梅(やまもも)が早くも実をつけていた。

楊梅やまももの實は常夏とこなつを壟斷ろうだんす真紅の粒も日輪の澱おり 歌集「禍咒苑」

今日は「最強の!韓国語」単語集の「四文字熟語・外来語」編に挑戦。四文字熟語は6pくらいで大して面白くなかった。単に漢字の読みが日韓で違うくらいである。
日本では熟語でなく訓読みになってるもの、「禍を転じて福と為す」−「転禍為福 チョンファウィボク」、「百害あって一利無し」−「百害無益 ペッケムイク」なんてのが目を引くくらい。日本語の「津々浦々」に対して「バンバンゴッコク」というのがあって??と思ったが後で調べたら「坊坊曲曲」という全く違う漢字の熟語だった。
外来語(ほとんど英語)は、60pもあるうえに、3pの解説までついてる。まあ英語の単語はあくまで英語の発音があるわけで、問題は日韓の「較差」である。ハングルは「世界で一番合理的な文字」と韓国人が自負するだけあって、アルファベットより多様な発音表記が可能で、何よりも「パッチム 」という、音節の最後につく子音の存在が威力を発揮する。日本語の場合基本的に音節の最後は母音で終わる。たとえば「book」は日本なら「ブック[bukku]」と表記するが、韓国なら「buk」と一文字で表示できる。日本ではすべて「ん」で間に合わせる「n」「m」「ng」も韓国語ならそれぞれに対応する子音のパッチムで識別できるし、当然発音も差別できる。母音の数だって、アイウエオの5音しかない日本語に比べると、基本母音だけでも9個、二重母音入れると20近い韓国語ならかなり正確に英語の発音に近い表記が可能である。
日本だと「Hong-Kong」は「ホンコン」で「King-Kong」は「キングコング」と表記されているわけで本当は語尾の「ng」は同じ発音のはずである。韓国語ならこういった心配は無用である。しかし韓国語の外来語表記が正確無比であるかというと、どうもそうとばかりは言えないところがある。ここらあたりが言葉の面白いところで、実はMorris.は韓国語学び始めたころに結構この外来語表記に関してはいろいろ調べたことがある。その時印象深かったことは「f」と「th」の発音が韓国人には出来ないのではないかと思ったことだ。
たとえば韓国にも多くあるコンビニエンスストアのfamily-martの看板には以前は「ペミルリマトゥ」というハングル表記がなされていた。つまり「f」の代わりに「p」が使われていたわけだ。
「th」に関して言えば、無声音なら「t」有声音なら「d」を代用している。英国の女性元首相がテッチョー、朝鮮戦争で韓国では英雄視されたマッカーサー将軍はメガドチャングン(^_^;)になってしまう。そのほか韓国語では長音表記が無いため、ときに判読に苦労させられることが多い。また語尾の「sh」を「シ」、「ch」を「チ」の発音で表記されると、違和感を覚える。
まあ、そういったことを踏まえておけば、、単にその元である英単語を知ってれば何とかなるケースがおおい。
今回ざっとMorris.がチェックした中で、わかりにくかったものをいくらかあげておく。

・エボリジ(average) ・ペジ(badge) ・ベトン(baton) ・バジャ(bazaar) ・ボニッ(bonnet) ・ブチュ(boots) ・プィペ(buffet) ・ボジョ(buzzer) ・ケルリンド(calendear) ・ケプ(cap) ・ケロッ(carat) ・コリオ(career) ・ケリコチョ(caricature) ・ケチョ(catcher) ・コピ(coffee) ・カピ(copy) ・テシ(dash) ・テセン(dessin) ・トノッ(doughnut) ・トゥロム(drum) ・パンパル(fanfare) ・ピギョスケイトゥ(figure skate) ・プルレグ(flag) ・プルラウォ(flower) ・プッポル(football) ・ポメッ(format) ・カドゥン(garden) ・クルレモ(glamour) ・カシプ(gossip) ・コデク(gothic) ・ハプ(half) ・ハプ(harp) ・ヘモ(hammer) ・ホミン(humming) ・ユモ(humor) ・アイオン(iron) ・チェキッ(jacket) ・メニュペクチョ(manufacture) ・メチ(match) ・ソシジ(sawsage) ・タギッ(target) ・トトル(total) ・トン(turn) ・ペクッシン(vaccine) ・バイロス(virus) ・ウェゴン(wagon) ・チグチェグ(zigzag)

明日は久しぶりに仕事オフになった(^_^)

2009/06/21(日)●サンドイッチマンMorris.(^_^;)●

住吉の現場最終日。
またMorris.はベッドや家具中心に梱包。昼はまたまた東華飯店で、魚の甘酢ランチ。これもなかなか美味しかった。
昼間では雨模様だったが、夕方になって晴れ上がった。今日は夏至である。
作業は4時に終わり住吉駅のコープで買物して、5時前に帰宅できた(^_^)
阪神、今日はデイゲームで何とか勝ったらしい。
今夜もサンドイッチ作る。何かすっかりサンドイッチにはまってるようだ。Morris.@サンドイッチマンモード(^_^;)である。
「コーヒープリンス1号店」8話を見る。相変わらずIEの不調のため。3回も4回も再接続しなければならなかった、これはちとメゲる(>_<)
しかし、社長はいつになったらウンチャンが男でないと気づくのだろう、何度も書くが、Morris.には全く男には見えないぞ。


ノウゼンカヅラ

住吉のあくび猫

ちょっとアップ

夏至の空(JR車窓から)

夏至の屋上

しつこくサンドイッチ(^_^;)
2009/06/20(土)●赤玉大蒜辛葱ラーメン●

久しぶりに西根君と二人、交野市の一軒家に上海からの荷物のデリヴァリ。
50個くらいの荷物だったし、全開梱しても12時過ぎに作業終了。
枚方国道一号線沿いの「赤玉」で、ニンニク辛ネギラーメン(\730)たのむ。これがけっこう美味しかった(^_^)このところ、ちょっとラーメンとは縁遠くなってただけに、たまにこういった意外なラーメンに出会うと嬉しい。
4時前に倉庫を出て4時半帰宅。
今夜の阪神−楽天戦、安藤が3回に5点取られて(>_<) 結局2-5で負けてしまい、これで借金10(>_<)である。


大阪桐蔭学院

葵の仲間か?

これも種類分らないけど綺麗(^_^;)

赤玉ラーメン

ニンニク辛ネギラーメン

ヤクルトの綺麗なタンク

【生物学個人授業】先生=岡田節人 生徒=南伸坊 ★★★★ 新潮社の雑誌「シンラ」1994年に連載されたもので、このシリーズは当時何冊か読んだ記憶があるが、これは未読だった。そしてこれはこのシリーズの最高傑作ではないかと思った。
この本、先日区役所の待ち時間のひまつぶしのために近くの古本市場の\105均一棚で見つけたもので、探すのに手間取ったため、整理券の順番が過ぎて、また改めて整理券取るハメになったのだが、それを補って余りある面白くてためになるMorris.好みの一冊だった。
先生役の岡田節人(ときんど)は1927生まれの京大名誉教授で、生物発生に関する研究家らしい。ちょうど当時はDNAブーム?で、映画「ジェラシックパーク」の話題が大きくとりあげれたり、クローンや、きんさんぎんさんの話題などがあって「時代」を感じさせるが、それよりもやはり、難解なはずの最先端生物学講義が南伸坊の超絶素朴咀嚼力で、面白い別世界を形作ってるところに本書の醍醐味があると思う。

だれでもが、、自由自在に美男美女になれる世の中になると、だれでもが美男美女になるんでしょうかね。うーん、なるような気もしますね、最初のうちは……。そのうち昔をなつかしむ人もでてくるでしょう。
「昔はいろいろで面白かったなァ、妙な顔とか面白い顔とか、いろいろでさ。近ごろは、どっち向いたって絶世の美男美女ばっかりだ。まったくつまんない世の中だよ」
って、言ってるヤツがものすごい二枚目だったりするかもしれないです。その時にみなさん、面白い顔の遺伝子が絶滅してたらどうしますか?


これはMorris.も、同じようなことを考えたことがある。やっぱり「いろいろあるから」面白いのだと思う。金子みすずの「みんな違って、みんないい」に通じるものがあるかと思う。

余談ですが、あのマトリョーシカっていうのはオリジナルは日本の箱根細工の人形だったっていうのを知ってますか? 箱根細工の方は七福神が順に出てくるんですが、これを明治時代にみたロシア人がヒントにした。だからあのマトリョーシカってのもせいぜい100年ちょっとの歴史なんでした。

なんて、雑学コーナーみたいなのもあって、これまた、Morris.はとても美味しいと思ってしまう。

昨今は、人間という一種類の生物が威張りすぎていて、あげくの果ては「昆虫採集はいけないこと」なんて言っているのですから、情緒的にも、生物多様性を評価してもらうための根拠−−この頃は情緒にもへ理屈の必要な世相ですから−−として、こういう話題を、どなたにも思い出して欲しいのです。昆虫採集を自然破壊の主犯のように言う風潮に対して、私はおおいに憤慨しています。子供の頃に少しでも昆虫採集に身を入れた人間こそ、例外なしに、理屈なしで環境や生きものの保存の意味を−−今更お説教されなくても−−十二分に感じとっていると確信しています。昆虫採集による自然破壊は、開発事業のそれに比べて、どんな弊害があるのか?と息まいてみたいのです。もっとも、ごく最近になって、再び昆虫採集の意味が少しは認められ始めているそうです。理屈をつけるなら、昆虫採集は生物多様性の実感を身につけることに役立つとういことになるのでしょうが、そんな理屈より、ただ「生物多様性の魅力」の一言で十分でしょう。

「生物学個人授業」これは岡田先生の南伸坊レポート?への補遺の部分だが、いちおう「昆虫少年」だったMorris.は、大いに共感をおぼえた。
他にも地球の生物の種類は大雑把に八千万種くらい(^_^;)という説とその算出法、細胞と細胞をくっつけるカドヘリン、1984年に発表されて生物学界の驚天動地となったホメオボックスなどなど、良くわからないものの興味津々の話題に事欠かない。
チャペックの「山椒魚戦争」は直訳だと「イモリ戦争」だったという、普通ならどうでも良さそうだが、Morris.には目から鱗の事実確認もあって、本当に中身の濃い本だった。
さらに、装丁はもちろん南伸坊自身によるもので、これがまた素敵だった。カバーは表が南伸坊による、二人の似顔絵、裏は岡田先生が手に入れたノアの方舟で、割と平凡だが、カバーを取ったら、いわゆる大學ノートスタイルで、デザインといい、テクスチャといい、実に味わいのあるものだった。こういうのは図書館で借りてではわからないところだろう。

2009/06/19(金)●昼ピザ●

住吉の現場三日目。三日目ともなるとさすがにちょっと飽きてくる(^_^;)
今日は朝からオフィスに入り、ファイルや家具の梱包。
昼はオーナーがピザを注文してくれた。Morris.はピザというのはいまいち好きでないのだが、客の好意を無にすることも出来ず、久しぶりに食べることになった。まあ不味くはなかったんだけど、やっぱりMorris.の好みではない。
午後はマスターベッドの特大マットレスの梱包。5時半まで作業やって6時帰宅。
東京のふくはらさんから葉書が来てた。密着型のはがきで、開くとちょうど便箋一枚である。Morris.は彼女の手書きの文字が好きで好きで、以前サンボ通信に連載してもらってた「ぷらぷら日記」の原稿も、これまでもらった葉書や手紙も、専用の箱に保存している(^_^) 今日の文面にも書いてあったが、ネット、メール社会になって、日本でも手書きの手紙は激減してしまった。若者世代ではすでに、消失したといってもいいかもしれない。Morris.は自他共に認める悪筆なのに、結構筆まめな時期があった。手紙そのものも結構好きな方だった。手紙を主題にした歌集『消息』をものしたこともあるくらいだが、そのMorris.にしても、ここ10年で書いた手紙は20通あるかないかだろう(@_@)。もっとも数年前から「写真絵葉書」を数人に定期的に出すようになったので、細々ながら手書き私信の習慣の名残を残してるということにしておこう。
そろそろ素麺の季節である。韓国で素麺は「ソミョン」という。漢字をそのまま韓国式に発音してるのだとずっと思ってたのだが、韓国では「小麺」とかいてソミョンと読むらしい。しかも「中麺 チュンミョン」「大麺 デミョン」というのもあるらしい(@_@)


ピザ、ピザ、ピザ、ピザ…

プチブル

ふくはらさんの筆跡
2009/06/18(木)●44年ぶり●

昨日と同じ現場。昨日は二人だったが、今日は6,7人も入ったので、どんどんはかどる。
昼は京も東華飯店で肉玉丼たのむ。これは不味くはなかったがいまいちだった(^_^;)
現場にはプチブルドッグ(フレンチブルドッグ?)が2匹いて、これが作業中もまつわりつく。Morris.は猫派だけど、別に犬が嫌いなわけでもないが、これだけまつわりつくと、カッターナイフ使って作業してるだけに危ない(>_<)
4時半に作業終えて、そのままJRで帰宅したら5時前(^_^)
今日は野球もないので、KBSアーカイブで今週の歌謡舞台見る。作曲家キムイルベの特集、といってもMorris.はこの作曲家はほとんど知らない。出てくる歌も知らないものばかりだったが、やっとMorris.も知ってる「パルガンクドゥアガシ 赤い靴の娘」がでてきてほっとした。60年代を中心に活躍した作曲家でトランペット奏者としても活躍したらしい。それはともかく、ゲストにチャンユンジョンとチュヒョンミが出てたのが嬉しかった。
日本は昨日オーストラリアにあっけない負け方をしたが、北朝鮮はサウジアラビアの死闘の末引き分けて44年ぶりにワールドカップ出場を決めたらしい。ともかくも健闘を称えたい。


肉玉丼

秋本君にまつわりつくプチブル

ユンジョンちゃん(^_^)
2009/06/17(水)●広東料理●

住吉のアメリカ人宅4日取り現場。Morris.は定刻に現場に着いたのに何故か材料積んだトラックが来ない。電話のやり取りしたあとずいぶん待たされて、結局トラックが来たのが11時前。たっぷり2時間待たされた。おかげで、「最強の!韓国語」の「いろいろな表現編」がずいぶんはかどった(^_^;)
東華飯店の「鶏甘酢餡かけ」昼は東華飯店で鶏甘酢揚げ定食。この店は広東料理で、久しぶりだが、スープが美味しかったし、鶏の甘酢もちょっとMorris.には甘すぎたけど充分美味しかった。明日もここで食べよう(^_^)
5時に作業終えて、住吉駅デパートで食料買って5時半帰宅。
GyaOで「春のワルツ」17話見る。ウニョンの父が登場してかき回すわ、イナはそこまでやるかという捻じくれた嫌がらせするわでまさに心理的SMドラマになりかけてる(^_^;)
ラジオで野球(阪神−日ハム)、TVでサッカー(日本−オーストラリア)の二元中継(>_<) 阪神ボロ負け、日本はオーストラリアに先制点あげながら、同点にされ、引っくり返され逆転負けといいところなし(>_<)

2009/06/16(火)●韓国語彙力強化月間(^_^;)●

JR摂津本山すぐ南のマンションシンガポール向けピックアップ現場。
昼休みは王将のランチ(ちょっと×(>_<))食べて、久しぶりに東灘図書館を冷かす。間もなく住吉駅付近に移転するらしいが、ここは以前は結構よく利用してたがさすがに現住所に引っ越してからは行く機会がなくなった。せっかくだから一冊借りる。最近は神戸市内の図書館なら、どの図書館へも返却可能になったからこういう時助かる。
見積もりより荷物が多くて、作業終了はちょうど5時。
「最強の!韓国語」分冊(^_^;)4月末に買った「最強の!韓国語」(林京愛 国際語学社)で語彙を増やそうとは思いながら、実は5月の時点で挫折しかかってた。
これは一種の単語集で、700pもある大部の本で、マークシート方式になってる。これを持ち歩くのは大変なので、Morris.は買った時点で、8つくらいにばらばらにしてそれぞれステープラーで綴じた。
単語は名詞・代名詞、動詞、形容詞、副詞、接続詞、擬音語・擬態語、いろいろな慣用表現、四字熟語、外来語の9章に分かたれている。
そして最初に「動詞編」から始めたのだが、これですっかりめげてしまった(>_<) 動詞は140pと、かなりの量で、1.基本動詞(初級〜中級) 2.基本動詞(上級) あとさまざまな分類で動詞がとりあげられているのだが、Morris.は初級中級クラスの動詞でも知ってるのは1/4くらい、上級クラスとなると何と、150語のなかで知ってるのは4語(@_@)しかないという散々の結果だった。これでMorris.はこの本の実習を一時放棄してしまった。
先月半ば頃から思い直して、形容詞に移ったのだが、こちらは全体の1/3くらいは見覚えがあった。そして名詞編に移ったら、おお、こちらは、自分でも驚くくらい良く知ってる。トータルで8割くらいはOKだった。
これを按ずるに(^_^;) Morris.は20年近く韓国に行ったりきたりしながら、韓国語の会話は、ずーーーっと「カタコト韓国語」で済ましてきたということになるのではなかろうか(>_<) つまり、動詞をほとんど使わず、名詞中心、ときどき形容詞や接続詞を混ぜて何とか会話らしきものを通じさせてきたようだ。もちろん基本中の基本動詞の30か40くらいは使ってるはずで、逆に言うと、動詞は入門クラスのみで間に合わせてたことになる。そういった語彙の偏りなどを自覚することができた、というだけでも、この本は有用だった。Morris.にとっては破格の3千円近い出費も無駄ではなかった。あと1/3ほど残ってるし、チェック済みの部分も繰り返し見直す必要がある。とりあえず、今年いっぱいは韓国語学習は、これに集中することにしよう。
ところで擬音語・擬態語のコーナーの中に「コンドゥレマンドゥレ ぐでんぐでんに」というのがあった。井上陽水が最初にデビューしたときの芸名が「アンドゥレカンドレ」でデビュー曲のタイトルは「カンドレマンドレ」ではなかったか? まず、この韓国語に関係してるのはまちがいないだろう。マニアの間では周知のことかもしれないが、Morris.にはびっくりの発見だった。
ネットで歌詞を探してみた。繰り返しの部分は

よくお聞きよ二人の言葉
カンドレ・マンドレ
サンタリ・ワンタリ
アラホレ・ミロホレ
1234
ABCDEFG


と、なってる(^_^;)
5連敗中の阪神、今日はやっと1点差で日ハムに勝った(^_^;) ますみちゃんは京セラに行ってたらしい。良かったね(^_^)
島田和夫部屋、スケジュール更新。

2009/06/15(月)●時間の無駄遣い(>_<)●

7時半起床。
11時前に自転車で六甲道に出て、灘図書館に返却(休館日)、銀行、ロッコーアートに寄って、プリント受け取りに行く。昨日のまぬうのアップを早くプリントしておきたかったので、即注文しておいたのだ。まあサービスサイズ(L判)だと、あまりアップの効果がわからないが、これはしかたない。ただ、一緒にプリント頼んだ他の猫の写真で、何枚かは、かなり編集されたようで、塩屋のしろっぽい猫なんか、バックが暗かったのを明るく修正したためか、白い毛の部分がほとんど白くなって毛並みが見えなくなってた(>_<) いつもはネットで注文時に備考欄に「編集なしで、そのままプリント願います」と注意書きするのだが、今日に限って忘れてたのだ。これって本当に「余計なお世話」である。
そのあと、区役所の国民健康保険の相談窓口へ。先週末に葉書が来てたので行ったのだが、同時に葉書発送したためか、今日はえらい混みようだった。整理券をとったら154番で、ほぼ50人待ちで「待ち時間1時間半」と書いてあったので、この間を利用して、こいずみ歯科に行って、部分入歯の調整をしてもらう。
30分くらいして区役所に戻ったらまだ25人待ち、図書館の本もないし、時間つぶしに近くの古本市場で時間つぶしの本を買いに出る。この古本屋は\105均一コーナーがあって、ときどき拾い物があったりするのだが、今日はどうもこれというのが見つからず、やっと一冊買って区役所に戻ったら、番号160番になってる。係りの人に言ったら途中で抜けた人が多かったため少し早く進んだらしいとのこと、とりあえず、適当に順番回してくれといったら、新たに整理券を取り直すようにとのこと。他にも数人同じような人がいて、文句を言ったら「ちょっと待ってください」と言って、奥に行き、しばらくしてから「上の人が駄目だというから、新たに整理券を取るように」とのこと、こんなことなら、途中戻ってきたときに予備にその時点の整理券を取っとくべきだった。。結局こうやって言い争ってる間に他の人がどんどん整理券取っていってるから、遅れるばかり。
これもサンドイッチ結局最初から通算すると3時間近くも待たされてしまった。順番が来たとき、窓口でそのことを話したら、「そういう苦情なら別の窓口に行ってください」と別の部署にを示したので、Morris.はむっとしたね。その後別の係員がきて、いろいろとりなしてくれたが、どうも面白くない。混雑して待つのはしかたがないが、整理券出して、書類に名前や住所まで書かせて、予定時間の前にもどってきたのにこういう対応はないだろう。表向きは丁寧なものの言い方はしてるが、お役所の体質自体は変わってないようだ。
すっかり無駄な時間取られて、帰りにコーナンで不足してた工具や作業着買って4時過ぎ帰宅。
考えたら今日はまだ食事してなかった(^_^;) とりあえず、ホットドッグ用のパンにサラダはさんでこれもサンドイッチと言えるだろう。
今日は野球もないし、YouTubeで韓国歌謡リンクをいろいろチェック。われらがキムヘヨンが「タルタリョン」歌ってたがそこから、キムセレナの「セッタリョン」に繋がった。そういえば以前、アシナガさんがこの曲覚えたいと言ってたことを思い出した。
昨日のまぬうのアップを含む13点をフォト蔵の「まぬうアルバム」にアップ。もちろんスライドショーでもみることができる。昨日のアップがこれまでで一番近くからの撮影と書いたけど、今日見直したら真正面からのアップの写真もあった。でもこれはピントが甘いしちょっとぶれてる。最近の一眼レフの本格的望遠レンズ使えば、あのくらい特にアップとも言えないのかもしれないが、Morris.の場合は「接写モード」の近接撮影というところが、ミソである(^_^;)

2009/06/14(日)●まぬう「ど」アーーーーップ\(^o^)/●

6時半起床。
掃除洗濯朝風呂三点セット(^_^;)
9時半に王子動物園に。特に理由があったわけではないが、たまには朝の動物園もいいかと思ったのだった。これが大正解(^_^)
孔雀は翅を広げてるし、オランウータンの赤ちゃんの特別観覧もやってた。
でも、Morris.のお目当ては、やっぱりまぬう(^_^;)
今日もまぬうの姿はなかった(;;)と、思ったら一番上の方に垂れ下がってる蔓草の茂みに隠れるように屈みこんでいた(^_^)
時々顔半分くらい出したり引っ込めたり、でも、ともかくも元気でいてくれてることが嬉しい。いつもとはちょっと違った構図の画像も撮れたし、これで充分満足だ、と思った頃におもむろに動き出して、となりの大山猫にガンとばしてから、ゆっくり下に降りてきた。地面を歩き回ってそばまで来ることはこれまでもよくあったが、近くを動いてるまぬうはたいていブレブレになってしまう。ところが今日は、Morris.の目の前で一瞬、静止してくれた。思わずシャッター切ったさ。そして、これが、何とこれまでで一番至近距離で、しかもピントばっちり。右横の方に多少外部の写り込みがあるけどほとんど気にならない。本当は数回シャッター切ったのだけどそれらはすべてボロボロ。この一枚だけが奇跡的に成功したようだ。
嬉しいなあ(^_^)(^_^)(^_^)。これだけのことで、Morris.はすっかり舞い上がってしまったよ。早めに動物園出て、隣の神戸文学館の「神戸空襲と文学」展を冷かし、原田の森美術館前で、ちょこっとミニギター練習して昼過ぎに帰宅。さっそくDEL坊に今日の画像アップして何度も見直した(^_^;)
嬉しくて、昼からビールに手を出したのがちょっとまずかったかな(^_^;)
今日は昼から三宮に出て散髪して図書館回りしようと思ってたのだが、そのままずるずる部屋にいて、ラジオで阪神−ロッテの実況聞いてまた飲んで、とうとう途中で寝てしまった(>_<) 野球の方はあっさり阪神逆転負けしたようだ。これで5連敗(>_<)
目が覚めたら6時前だった。


孔雀開翅

雌は徹底無視(^_^;)

オランウータンの赤ちゃん名前募集中

こんなとこに隠れてた

おもむろに動き出して

隣の大山猫にガン飛ばす

そして、まぬう接写モード\(^o^)/

神戸に落された焼夷弾の一部

広帯蜻蛉枝尺
2009/06/13(土)●朝の塩屋散策(^_^;)●

昨日と同じ現場。あのあたりは面白そうなので、昨日よりさらに早めに塩屋到着。ふらふらと迷いながら朝の塩屋散策を楽しんだ。
昨日もちょっと気になった、良さげな石段を登ったところに禅寺「安養寺」があった。それほど大きくないが、何となく面白そうなお寺である。地震で倒壊したらしく、往時の瓦屋根の一部を再現してあったり、釣瓶をしつらえたりしてあったが、Morris.が一番気になったのが高さ50cmくらいの石膏細工みたいな仏塔で、小さな仏様がいっぱいレリーフで並んでいた。稚拙ながらなかなか味のあるもので、ついつい眺めいってしまった。帰ってから、画像を見直したらそれぞれの仏様の下にお寺の名前が彫ってある。仏様を数えたら34体である。一番上の真ん中は釈迦三尊像だから、残りは33体。これは例の「三十三観音」を一つにまとめたものだろう。
生野の舎利寺でこれを大きくしたような石碑を見たことを思い出したが、こちらはずっと小さく、ずっと可愛い。
すぐ隣には若宮神社があったが、こちらは本堂が地震で崩れたまま再建できず、本堂のあった場所には三本の竹に御幣を垂らしたものが地面に突き刺してあり、その前に盛り砂があるだけだった。いっそ、このシンプルさが、神社の本来の形、原初風景のような気がしてすがすがしかった。
そのままジェームス山に入り、しばらく散策した後例の岩船不動へ。今日は昨日の竈猫はいなくて、ずっと前に見かけた、黒白がいたが、こちらはちょっと人見知りする。
今日はMorris.は本棚やらフロアランプやら、ベッドやら箪笥やら、と大物中心。でも広々とした現場だったので、とても梱包しやすかった。
昼はトラックでコンビニ弁当(>_<)だったが、Morris.と同年輩の山ちゃんが、羽振りの良かった90年代始めに仕事で韓国に行ったりきたりして、カジノや妓生パーティで金を使いまくったなどという話を聞いて驚いた。
あまりに作業の能率が良いのが仇になり(^_^;) 三日取りの現場を二日目の今日であげてしまおうということになったらしい。うーーん、これは失敗かも(^_^;) そんなこんなで6時過ぎまで作業(>_<) 流石にくたくたになってしまった。
帰りも歩いて塩屋駅まで戻る。途中石垣の下に三毛発見したりして、これも愉しかった。海辺にも足を運んだが、そろそろ暗くなってきたので、すぐ戻る。
8時帰宅。「我が家」19話と最終倭見終える。以前見たはずだがほとんど記憶になかった。前にも書いたが、冬のソナタで、Morris.がチェジウよりソルミン(パクソルミ)が好きだと吹聴しまくってたMorris.のために、ソルミンの出演してるこのドラマを巻田さんDVDでプレゼントしてくれたものだが、肝腎のソルミン(長女ハナ役)が、あまり目立たない役で、おまけに眼鏡かけてたこともあって、当時のMorris.としては、期待外れだったのだろうと思う。しかし、今回短気集中視聴では、結構ハマってしまった。メインは長男ウリと、聴覚障害のダインの恋愛なのだけど、Morris.は終始、ウリの幼馴染のテシルを応援していた(^_^;)
阪神はデイゲームでロッテに1-9の大負けしたようだ(>_<)


今朝の太陽

塩屋浜(JR電車窓から)

感じの良い石段

曹洞宗安養寺

三十三観音石塔

同じく

若宮神社

ジャグヮー

そろそろ枇杷の季節

今朝の岩船不動の黒白

塩屋5丁目の三毛?

塩屋海岸から
2009/06/12(金)●岩船不動の竈猫●

塩屋ジェームス山フランス人中国向け荷物の3日取り現場の初日。
JR塩屋からジェームス山入口の岩船不動まで歩いて待ち合わせ。ちょっと早めに着いたのでここに棲みついてる猫を探す。この前は黒がいたのだが、今日は竈猫がいた。参拝者が餌をやってるらしく、まるで人見知りしない。デジカメ取り捲った後も、Morris.のせなかにぺったりくっついてた(^_^;)
現場は昨日とはうってかわって、すべて梱包OK、そのうえびっくりするほど片付いてたのではかどるはかどる(^_^)
昼休みは近所の散策。何度来てもこのジェームス山一帯は日本とは思えない。北野の観光者向け(^_^;)の異人館街とちがって、こちらは、本当に神戸に定住してる外国人(それもかなり上流生活者)たちが集中してる地域である。
4時に作業終了。帰りは三宮まで送ってもらったが、渋滞で1時間以上かかってしまった。
石橋楽器で先日サランバンに忘れてきたカポタスト買う。Morris.はずっとDunropの黒い布ベルト+合成樹脂+金属+ゴムのものを使ってるので同じものを買ったつもりだったのに、今日かったのはベルトの長さ調節できない奴だった(>_<) 別にこれでも使えるのだが、微妙な調節ができないのとミニギターだと合成樹脂のハンドル部分がえらくフレット外にはみ出してしまう。まあ前のカポタストはサランバンにあると思うので、これはデカギター専用ということにしよう。
今日は野球もないので、韓国ドラマ「我が家」18話まで見てしまった。あと2話を残すだけである。聴覚障害者のダインはウリを残して、外国に行ってしまい、テシルはウリに告白するが受け入れられず、これが誤解を生んでウリは悪者扱いされる。しかし二人のわだかまりも溶けて、以前の親しさを取り戻した頃、ダインが一人で帰国する、という、例によってのこんがらがリックな展開(^_^;) うーん、すっかりはまってるぞ(^_^;)


岩船不動の竈猫

身づくろいに忙しい

全く人見知りしない

ポーズも慣れたもの(^_^;)

ちょっと変わった雲

同じく

何となくエキゾチック

早咲きの朝顔

蟻より小さい紅葉の下生え
2009/06/11(木)●ポテトサラダの日(^_^;)●

今日も同じ現場。今日はMBRのクローゼットから入る。昼も昨日と同じ「匠」でチキンフライ定食。これはカリカリに揚がってて充分に美味しかった。
夕方にはすっかり晴れ上がって快晴になる。
5時半帰宅して、自転車で金沢病院へ。頼んでおいた降圧剤が行方不明(^_^;)でしばらく手間取ったが、何とかみつかったようだ。帰り道、水道筋で野菜買いこんで、ポテトサラダ作り。Morris.は特別サラダ好きではないが、ときどきポテトサラダをたっぷり食べたくなる。マッシュポテトでなく、ジャガイモ、ニンジンの乱切りが形を残してごろごろしてるやや豪快な奴ね(^_^) 今日は新メイクイーンがあったので皮ごとゆでて指で皮を剥く。一緒に茹でてた玉子とニンジン、キュウリ、トマトの乱切り。なんと言うこともない平凡なポテトサラダだが、一人暮らしのMorris.にしては量が半端ではない。ざっと5人前くらいはありそうだ(^_^;) 見かけもそうだが味も豪快(^_^;)である。流石にみんなは食べ切れなくて、サンドイッチに流用。これはポテトの大きさからするとやや無謀だが、食えないことはあるまい(^_^;)
阪神−西武戦。先発下柳、まさかの集中打で1-4で降板、そのご4-5まで詰め寄ったが、結局追いつかず連敗(>_<)


梅雨といえば蛞蝓

山盛りポテトサラダ

強引にサンドイッチに(^_^;)
2009/06/10(水)●本格的梅雨入り●

昨日は雨降らなかったのに、気象庁は近畿梅雨入り宣言を発表したらしい。よほど自信があったのだろう。そのとおり今日は朝から根の深そうな雨だった。韓国では去年まで梅雨入り宣言はしても梅雨明け宣言はしないことになってたが、今年からは、梅雨入り宣言もしないことになったそうな。
昨日と同じ現場。
昼は新しくできた韓国料理店「インサドン 仁寺洞」に行こうとしたのだが、しばらくランチタイムは営業しないと貼り紙があった。しかたなく「匠」という大衆食堂で、豚生姜焼き定食頼んだのだが、これは完全に失敗。前に行ったときはそれなりに美味しかったし、厨房のあんちゃんの中華鍋の捌き方は堂に入ってたし、今日の両隣の客の別の定食もそれぞれ美味しそうに見えた。今日は完全にMorris.のメニュー選択のミスだろう(>_<)
残り物キムチ雑炊5時過ぎ帰宅。降圧剤が残り少なくなったので、金沢病院に行こうと思ったが受付時間は5時まで。薬だけでももらえないかと電話したが、今日は駄目とのこと。でも、あとで先生から電話があり、何とか明日、7時までに受付に薬出しておくとのこと。ひと安心である。しかし先生はしきりに、降圧剤の量を増やすことを勧める。現在貰ってる薬はディオミン40mg、先生はこれを一挙倍量にしようと言う。普通なら先生の言うとおりにしそうなものだが「高血圧は薬で下げるな!」(谷六郎)の愛読者(一回しか読んでないけど(^_^;))のMorris.としては、やはり薬は最低限度にとどめておきたいのだ。今回はこれまで通りということにしてもらい、次回の診察時にまた話し合うことになった。
阪神−西部の交流戦。途中から見たら3-1で阪神リード、岩田今季初先発で好調、だったのだが、結局同点に追いつかれ、9回裏、一死満塁で交代したウィリアムズが押し出しでTHE END(>_<)
今夜作った、残り物と冷凍食品のキムチ雑炊はなかなか美味しかった(^_^)

【歪んだ回想録】保阪正康 ★★★ 全く未知の著者である。何でこれを借りたかというと、保坂和志と間違えたのだ(^_^;)
図書館では当然同じ棚に並んでいる。名前は違うが背表紙の名前の部分がちょうどラベルで隠れている。苗字も「坂」と「阪」で違うのだが、老眼のMorris.には判別が難しい。保坂和志だって、数年前に2冊読んで、それなりに評価はしたものの、相性がいまいちで、そのままになってた。それが急にまた読んでみようかと思ったのは、ネットで知り合いになった方が、「現代作家の中でもっともシンパシーを感じる小説家」と書いてられたので、久しぶりに読む気になったのだった。
前置きが長くなったが、そういうわけで保坂和志の作品のつもりで読み始めたのだが流石に数ページ読んで、あれれれれ??と思い、改めて表紙を見直して勘違いに気づいた。
いわゆる昭和史ミステリーもので、東条英機関連の著作を持つノンフィクション作家有本のところに、「余は鶏である。」という書き出しの葉書が数通届いたところから話が始まる。続いて東条英機の回想の極秘原稿を持っているという高校教師の登場で、いよいよ昭和史の謎解きや、原稿の真贋、新聞記者森と共同で、真相を取材追究して行く。
その取材ぶりや、新聞記者の描写がえらくリアルなので、著者紹介を見たら、昭和14年生まれで昭和史の実証的研究から、歴史に埋もれた事件や人物のドキュメントを書く、とあった。そうか主人公の有本というのは、著者がモデルで、その取材のやりかたも、本人のやりかたをそのまま踏襲して書いてるのだろう。
そして、本書が著者初めての小説とも書いてあった。たしかに、小説としてはあまり良い出来とはいいがたい。。特に登場人物のキャラクタが非常に不安定なのだ。あるときはえらく執拗に性格描写しながら、後ではそれと違ったキャラクタを演じさせる。ストーリー展開もめりはりがなく、事件の経過をだらだらと書いていってるという感じで、小説としての起伏にかける……と、けなしながら、その割りに点数が悪くないのは、東條英毅の原稿を担いでいた裏の団体がや動機が、いかにもありそうな話で、またその原稿の内容が興味をそそったのと、いわゆる回想録や極秘文書というものの「危うさ」への警報に共感を覚えたあたりに原因がありそうだ。
突き詰めれば以下の二人の会話に尽きる。

有本はこの文章の罠がすぐにわかった。
森に、この部分を読ませてみた。が、森はこの記述の罠がわからない。いかにも責任感のある指導者という表現になっている、ニセ資料もそこを狙ったのだろう、と言うだけである。
「しかしちがうんだよ。この回想録には巧妙な罠が仕掛けてある。こういうふうに解釈すべきなんだ。東條が歴史上でいつの日か復権してくる時代を意識して書かれている。むろん、東條なんかをまったく知らない三代、四代、あとの時代だよね。そのときに、こんな論が成りたつことを意識しているんだ。つまり、東條の指導に従った者が歴史上は免罪となり、東條に抗したグループがいたからこそ敗戦につながってしまったという論法を通用させようと謀っている。もっとひらたくいえばネオナショナリズムにピッタリ符節するように、このニセ資料はつくられていることになる。この部分が国家機密法なんかがとおった時代に見直されるようにできあがっている。指導者に従った者が免罪になるという寸法だ」
「なるほどなあ」
森は、なんども文面を目で追っていた。そして有本の言う意味を少しずつ理解していった。だが、森でさえ見抜けないのだから、どうしてこの巧妙な罠を次の世代の者がわかるだろう。
「結局、ツケなんだよ、ツケ。戦後民主主義だ、ヒューマニズムだ、とそんなことばかり言っているから、歴史を検証する力が弱まっているんだ。そりゃあ戦争なんて悲惨で愚劣なことさ。だけどそれを百回も二百回も叫んだところでどうにもならんよ。なぜどこがどういうふにわるかったかを検証しておかないから、森君のようにまったく罠を見抜けないことになる」
「すみません。僕もまだ不勉強だから−−」
「いや、森君なんか見抜こうとするだけ立派なもんだ。僕らの世代だってそうさ。左翼気取りの教師が、あまいことばかり言って我々をたぶらかした。戦争はいけないことです、だって。あたりまえじゃないか。じゃあなぜ戦争は起こったのか、戦争とはどういうものなのかを何ひとつ語っていない。口を開けば、もう悲惨のどん底のような話をする。だけどだよ、それは本当に戦争を語っていることになるのかね。そこから教訓をひきだそうとしない思い出だけで終わっていいのかね」
「まあ、有本さん、そう興奮しないで……」
有本は激してしまう。腹が立ってたまらない。自分の中に巣喰っている歴史への心情が、思想とはかけはなれたニヒルの彩りをもちつつあるのを自覚している。
吉積という老人が、最後の段階で、有本に後事を託したのは、最近になって有本の著作がもっているこのニヒリズムに気づいたからかもしれない。

「哀れなのは、こんな本を読まされるわれわれだよ」
「それをニセモノと断定できないわれわれの方がもっと哀れかもしれませんね。こんなことを知ると、歴史研究なんか何が本物で何がニセモノか、それを見究める目をもたんと恥ずかしいということになるなあ。東條回想録だって疑問を持つ目をもっていなかったらひっかかったろうな」


ここには、戦後の「民主教育」の功罪両面を享受したMorris.らの世代には耳のいたい部分が含まれている。ややネタばれになる部分の引用だが、この作品の発表は1987年だから、もう、時効ということにしてもらいたい。

2009/06/09(火)●サランバン会●

六甲アイランド高層マンションの4日取り現場の初日。Morris.は終日ゲストハウス担当。ベッドがちょっと変な造りで手がかかった。久しぶりの仕事で、くたくたになって、いったん部屋に戻り、JRで鶴橋に出て「新サランバン」へ。
ママがやめた後、火曜日だけ金子マスターが「新サランバン」として営業していて、そこで一ヶ月か二ヶ月に一回サランバン常連の集いが開かれているわけで、今日が5回目。Morris.は先週の火曜日、店に行ったし、一昨日は生野統一マダンで、常連5人と集まって飲んだりもしたし、今日から仕事なので、どうしようかと迷ったが、やっぱりここは行っとかねば(^_^;)ということになった。
昨日もデジカメ修理に梅田に出たから、これで三日連続の大阪である。これも珍しい。
鶴橋に着いたのが7時過ぎ。夕食の時間もったいないので、王将で餃子5人前買って店へ。当然の如くもう盛り上がっていた。ナフナ会の花ちゃんも出席で、アジョシ連からえらくうけてたぞ(^_^;)
来週からまた韓国に行くというふくちゃんが、Morris.のいないのをいいことに、何と「オモナ」をリクエストしてた。すかさず、ミニギターで一緒に演奏。これはわりと上手く行ったと思う。
とりあえず、餃子、キムチ、飯がっついて、やっとお腹もおちついて、後はもう、歌いまくり、踊りまくり(^_^;)。歌麿会長、山下校長先生、ポストマンの三巨頭を中心に、マイクの要らない声量の丸本旦那とノリの良い丸本夫人、Morris.にビールを一杯注いでくれた南アジュマ、そして初参加の「ヘバラギ」のママと大ママ(二人とも歌上手いっ)など多士済々で、なかなかの盛会だった。もちろんママもずっとごきげん(^_^)
10時で解散の後も、Morris.はママとマスターと3人でしばらく、くつろぐ、ミニギターで何曲か歌い、マスターの「カスバの女」の伴奏を最後に店を出る。
結局帰宅は12時半。ちょっとしんどかったけど愉しかった(^_^)


アイランド公園の白トラ

JR新快速の運転席

宴会風景その1

宴会風景その2

宴会風景その3

ママと2ショット
2009/06/08(月)●骨休み●

10時起床。身体の節々が痛い。やはり昨日までの遊びすぎがたたってるのだろう。
韓国ドラマ「わが家」3話まで見る。長男ウリが聴覚障害の娘ダインに恋して、夢中になるのだが、彼に密かに心を向けている2階に住む幼馴染のテシルのプレゼントマフラーをダインに貸したり、誕生日に一緒に映画を見に行って、ダインと会うため母をほっぽり出していくなど、とても「優しくて善良な大学生。年に比べて考えが深く、他人を気配りする」(公式HPのキャスト説明)とはとても思えない。はっきり言って馬鹿である。
3時半に部屋を出てJRで大阪に出て、Canonサービスセンターで修理頼んでたデジカメ受け取ってくる。レンズシャッターどそっくり取り替えたようだ。
明日からちょっと忙しくなりそうである。
今夜の阪神−ソフトバンクは阪神ボロ負けの状況(>_<)

【自転車の安全鉄則】疋田智 ★★★☆ 日本の自転車の保有数は世界第3位だが、その自転車のほとんどがいわゆるママチャリで、法律上、自転車は車道を走るものなのに、歩道を走るものが圧倒的である。自転車事故の数は世界一でもある。
TV局勤務で自転車ツーキニストを自認する著者が、いつもの自転車の楽しさや愛を語るのではなく、憂うべき日本の自転車事情に警鐘を鳴らすつもりで書いた本らしい。

全編通じて「自転車はこうあるべき」という、行政への、またインフラ整備の、さらに法整備に関しての注文だけに絞りました。あまり愉しい本ではなかったかもしれません。しかし、それなりに(少なくとも自転車が好きな人にとっては)興味深い内容ではあったのではないでしょうか。
私は、今の日本には、この種の本が絶対に必要だと思ったのです。(あとがきより)


Morris.も御多聞にもれず、ママチャリに乗ってるし、平気で歩道を走ってる。信号無視も多かった。そういう意味で本書に書いてある、最低のルールの遵守、そして、何よりも「自転車の左側通行」の重要さは学ぶところ多かった。今後は、信号と左側通行だけは遵守することを、ここに表明しておく。それだけでも本書を読んだ意味と意義があると思う。
これ以外にもさまざまな問題と解決策が書かれてあるのだが、かいつまんで、ランダムに引用しておく。

・自転車は車道を走らなくてはエコではないのです。

・ママチャリという自転車は非常に奇妙な自転車なのです。そもそも70年代の法改正を受け、いわば「歩道用専用車」として作られた日本のオリジナル規格でした。

・自転車は歩行者の仲間にカテゴライズされたせいで、ルールも、マナーも、都市交通手段としての都市交通手段としての有効性も、可能性も、つまり、何もかもがスポイルされました。

・自転車のせいのうというものは、もっとも単純化して言うなら、重量に反比例するといえます。要するに、重ければ重いほどダメな自転車で、軽ければ軽いほど性能の高い自転車なのです。

・オランダ人やドイツ人が買う自転車は(マニアのものではありませんよ)、平均で7万円程度するのが当たり前なのです。そのくらいのコストを払わなければ、まともな自転車は手に入らない、ということを彼らは知っているのです。

・実は私がこの本を書いた理由の半分程度は、この「左側通行」のメリットを提示することなのです。

・自転車ベルよりも重要なことは1.自転車の品質基準の厳格化 2.ヘルメットの装着 3.バックミラーの装着 4.フラッシャーの装着

・自転車レーンは 1.車道側に作らなくてはならない 2.対面通行であってはならない 3.自転車を隔離する方向であってはならない(つまりドライバーからの視認性をかくほしていなくてはならない)

・違法駐車を減らせなければ「自転車レーン」はかえって危ない

・現在、日本の自転車は、世界一事故が多く、世界一交通放棄を守らず、世界一平均性能が低く、世界一保護されてなくて、世界一野放図で、世界一邪魔にされています。


身近で自転車愛好家というと、センターの飛田さんで、そのサイクリング生活は彼のブログに詳しい。Morris.にはあのレベルは敷居が高すぎる。でも、今のママチャリ(現場の処分品(^_^;))からワンランクレベルアップをはかりたいとは思っている。南北に急な坂の多い神戸在住だけに、車体が軽く、変速機の充実した乗りやすい自転車を希求する気持はあるのだが、やはり価格と、収納場所の問題をクリアすべきだろう。

2009/06/07(日)●大忙しの日曜日(遊ぶのに(^_^;))●

6時半起床。曇り空である。
昨夜は深夜に日本−ウズベキスタンのサッカーがあって、見るつもりでいたのだが流石に前日の徹夜のため10時過ぎに寝入ってしまい目がさめたのが零時だった。ちょうど前半が終わったところで1-0で日本のリード。後半は圧倒的に日本押され気味のうえ、アウエイということを度外視しても審判のひどい判定も多く、日本あやうしという場面多いながらそのまま1-0で逃げ切り予選突破を手にした。まあ、この前の2試合のような気持の良い戦いぶりにはほど遠かったが、よくやったというべきだろう。
10時に部屋を出て、鶴橋に出て、歩いて新今里公園へ。今日は生野統一マダンで、もう16回目になるらしい。過去に何度か行ったが最近はとんと縁遠くなってた。
久しぶりに出かけたのは、山下校長先生知り合いのおやじバンド(大池中学PTA&教師)の演奏があると聞いたのと、ミニギター練習にもいいと思ったからだ。
舞台前に椅子席があり、左右に青シーのとテーブル席があったのでビールと鶏から揚げなど買ってテーブル席に陣取る。サランバン常連の高森さん、校長先生、ポストマン夫妻も後から参加(^_^;) サムルノリや歌や踊りと特に変わり栄えしないもののとりあえず楽しみ。お目当てのおやじバンドはしっかり楽しめた。
途中、公園の裏手で1時間ちょっとばかりハルモニハラボジの横でミニギターで韓国歌謡歌う。ハルモニはおおむね好評だった。
4時前に5人で近くの韓式中華「紫禁城」でくつろぐ。Morris.はここでも歌いっぱなし(^_^;)
5時に店を出て、歩いて南巽に向かう。円徳寺で、京都の鈴木君代ちゃんのライブがあるからだ。これが思ったより遠い。タクシー拾うつもりが生憎通らない。たっぷり40分くらいかけてたどり着いた。本堂と境内に数百人の観客(信者)が集まって盛況。たっぷり7時20分までやってくれたので、久しぶりに彼女の歌声を堪能することができた。ベース、キーボードもともに住職で、三人ともきっちり僧服姿である。場所柄、説教(伝道)ライブといった趣で、君代ちゃんもよく喋ってた。
挨拶しとこうかと思ったが後始末で忙しそうだったので、失礼して、新今里に戻り「老紳士」へ。顔なじみの客もいたが、今日は日本の歌歌う客が多くてちょっと辟易。後から山根さんが数人の団体で来たのには驚いた。昼間に大阪城公園で鮟鱇鍋やったらしい。
11時に店を出て歩いて鶴橋まで出て12時半帰宅。今日はほんとに良く歩いた。22166歩である(@_@)


シャッター優先撮影

黄色い海宇

小学生のサムルノリチーム

Morris.の席取り

女子高生たちと

おやじバンド

Morris.も踊る

野外サランバン会?

美味しそうな八宝菜

中川の三毛

円徳寺本堂

鈴木君代ちゃん
2009/06/06(土)●美味しい昼食(^_^)●

前の日二日死んでたこともあって(^_^;)、昨夜は寝付かれなかった。古い韓国歌謡のMD聴いたり、石川淳の随筆読んだりしたが、結局眠れなくて4時には起きだして、higashiさんから送ってもらった「ぶどう畑のあの男」最終回まで見終えた。全16話で、Morris.は無料視聴で12話まで見たのだが、ちょっとしたミスで最後の4回分を見損ねていたのだった。
忠清道の田舎で葡萄畑を経営している大叔父に、1年間働いてくれたら葡萄畑を譲るという言葉に惹かれて田舎に住むことになった26歳の娘(ユンウネ)がそこで働く若者(オマンソク)と恋に落ちるという、典型的ラブコメで、韓国ドラマのお約束、主人公たちの四角関係、人の良い父と、エリート志向の母、出来の悪い弟、ヒロインの大学時代の先輩の医者、若者を追っかける村の娘など、登場人物は多彩だが、結局Morris.はユンウネのドラマとして楽しんだのだろう。
yンユネは「宮」で初めて知ったのだが、おぼこい娘というイメージしかなくて、どちらかというとMorris.好みとはまるで違う。それがこのところはまりかけてる「コーヒープリンス1号店」のボーイッシュな役で見直したところで、突然の「ぶどう畑」だったわけで、ちょっと自分でも混乱してるところがある。前にも書いたが11話のぶどう祭りで、二人が歌い踊る「ジンギスカン」の場面がえらく素敵だったというのが、このドラマのきもになったみたいだ。オマンソクがミュージカル系の役者ということもあって、このドラマは結構歌が出てくるところが多いのだが、やはり、祭りののど自慢での二人は光ってた(^_^)。
今日は浅海君、奥井さんら4人で三宮の高層マンション27Fのスイスからのデリバリ現場。25M3くらいだから午前中に荷物は搬入終了。
昼は奥井さんと二人で老舗の中華料理店「小燕京」へ。今日のランチはチンチャオロースー、ブロッコリーの餡かけ、茄子の冷製で、特に茄子が何とも言えず美味しかった。白きくらげの入ったコーンポタージュスープも絶妙な味だったし、やはりたまにはこんな昼食もいいね、と思ってしまった。以前に比べると格段に品質向上したとはいえ、コンビニ弁当とは次元が違う。
午後は台所の割れ物開梱。何か細かいものが多くて時間がかかってしまった。
結局作業終了は4時半。倉庫に戻ったのが5時で、まあ、ちょうど良かったかもしれない。
今夜は斉藤さん宅に稲田さんと一緒に行くことになってたのだが、稲田さんがパスということでMorris.もパス(^_^;) 斉藤さんのブログのコメントのパスワード設定の件で、いまひとつうまく行ってない模様。
今日の阪神はデイゲームで、視聴することはできなかったが、福原の好投などで、久々の3連勝だったらしい。
今日深夜には日本-ウズベキスタンのサッカーがあるが、昨夜の徹夜があるので、ちと厳しいかも(^_^;)
それに明日は生野統一マダンである。


タコカレー

「小燕京」の箸袋

白きくらげ入りコーンポタージュスープ

シンプルなランチ

イチ押しの茄子冷製

現場からの展望
2009/06/05(土)●また死んでた(>_<)●

(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)

2009/06/04(木)●死んでた●

これは効く(>_<)昨夜の勝利の美酒(^_^;)を飲みすぎたらしく。目が覚めたら11時(午後)(>_<)だった。

2009/06/03(水)●水道筋界隈(^_^;)●

8時起床。
ここのところちょっと遊びまわってたので今日は部屋でのんびり過ごすことにする。
久しぶりにMorris.の持ってるギターで一番デカいYAMAHAのフォークギターで遊んでみる。前にも書いたことあるかもしれないが、このギターは小中高大と同じ学校で学んだ(遊んだ)親友一木良治が、YAMAHAに就職して、それにちなんで彼に委託して手に入れたものだ。これは絃のテスト用に使われていたものだったようで、それなりにしっかり造られている製品らしかった。そういう事情もあってか製品番号もいわゆるラベルも貼ってない。ちょっと変わったギターで、もう40年近く前の製品だ。実はMorris.はこのギターには、なかなか馴染めなかった。とりあえず大きい、重い(>_<) 3kgは超えてると思う。その分ボリュームはあるし、絃のテスト用に使われていただけあってしっかりした造りのようだ。ただこのところMorris.が常用しているミニギターと比べるとかなりテンションが高い。要するに絃がきついのだが、その分低音のボリュームが大きくてミニギターとは対照的である。たまにはこういうのも楽しい(^_^)
突然、ずっと前に巻田さんからもらった韓国ドラマ「我が家」を見る。Morris.好みのソルミン(パクソンミ)が出てるということでもらったのだが、肝腎のソルミンは眼鏡かけてその美貌が楽しめなくてお蔵入り(>_<)してたのだが見直したら、それなりに楽しめるドラマだった。五人家族の長女がハナ(一つ)、長男がウリ(我等)、次男がキョレ(民族)というのも、なかなか笑わせる(^_^;)まだ南北統一の気運が強かった頃の作品だろう。
夕方、買物に出て散歩がてら水道筋の店舗を撮影。今さらながらであるが、このアーケード商店街は、結構笑わせる店が多い。
今夜の阪神−楽天戦は負けなし7連勝のまあ君を阪神脇役陣が8回裏4連打で攻略。やっと連敗から脱出。しかし金本、藤川の調子は相変わらず(>_<)である。


雨の日に特化した店

これはアーケードの北側

古時計が充実してる

「墓花」(^_^;)

店名がお洒落(^_^)

夏は氷、冬は燃料(^_^)

極楽堂の仏様はすばらしい

便器屋さん?

この並びは最高!!
2009/06/02(火)●中之島〜サランバン●

7時半起床。朝風呂+洗濯。
昼から大阪に出て、CANONサービスセンターにデジカメ修理持込。レンズ交換が必要とのこと。Morris.が1万円以内なら修理頼むと言ったら係員の答えが「九千九百七十五円です」だと(^_^;) おいおい、足元見てるんじゃないだろうな。まあ、1万円以下には違いないので修理頼む。1週間くらいかかるらしい。
その後、駅前第二ビルで、大阪-元町の昼トク切符買う。一枚\240だから4枚で\960である。Morris.が知ってる範囲ではこれが一番安い、大阪駅地下の甲南チケットでは以前\250だったから4枚でちょうど千円ときりが良かったのでたいてい4枚買う癖がついている。最近甲南チケットは一枚\10値上がりして4枚で\1,040になってるようだ。ところが、先日三宮駅前の格安チケット店で4枚買ったら\1,120とられた。これだと1枚\280になる。今日買ったのと比べると1枚\40も高い。これでは格安とはいいがたいぞ(>_<)
もともとJRで大阪−元町は\390というのが普通料金である。それを平日の昼間(9時−5時)と土日に限って割引するというのが昼トク切符(昼間特割きっぷ)で正規料金は\320で、普通料金より\70の割引になる。今日買った\240ならさらに\80の割引で、普通料金より¥150安くで大阪に行けることになる。往復で\300割引というのはかなり大きい。
その後、ふらふらと中之島淀屋橋まで歩く。このあたり一帯のレトロ洋風建築は前からMorris.の好みだったが、裁判所が取り壊され、大阪市庁舎が面白くもなんともない近代ビルに変わり、公会堂は完全復元されたというものレプリカになってしまったから、現在見るべきものは、日銀と図書館だけである。特に図書館はMorris.の一番好きな建物である。もちろん何度も入館して、施設として利用もしたが、今日は外から、ディテールをデジカメ撮影してみた。修理に出したデジカメなら10倍ズームだが、旧機は6倍というのがちょっと辛かったが、それなりに細部の面白さが分かると思う。
その後、川べりのベンチで休憩を兼ねて6時までミニギター練習。
いったん梅田に戻り、鶴橋に出て「ぶあいそう」でおろしカツ丼(これがなかなかいけてた(^_^))食べて、火曜日だけ営業の新サランバンへ。
金子マスター、ママ、ポストマン、校長先生ともう一人の6人で、のんびりゆったりと歌と雑談を楽しんだ。みんなが帰って3人だけになってから、ミニギターで数曲歌う。マスターが「カスバの女」韓国語バージョンを練習して一緒に歌ってくれたのが嬉しかった。6月のサランバン会は9日(火)とのこと。来週である。そろそろ仕事が忙しくなるころなのがちと辛いが遅くにでも顔を出すことにしよう。
島田和夫部屋スケジュール更新。


梅新にある大阪市道路元標

青いドームの図書館

斜めから

正面から

細部まで素晴らしい)

ディテールその1

ディテールその2

ディテールその3

ディテールその4

元の公会堂の部品(^_^;)

こちらは日銀大阪支店

同じく

中之島の夕日

五色の雲

石畳の並木道もいい感じ

黒猫発見(^_^)

「ぶあいそう」のおろしカツ丼

新サランバン
2009/06/01(月)●新開地「エンスト」(^_^;)●

8時起床。朝から良い天気である。
ひさしぶりにKBSラジオ2chの「テジナ、ショッショッショー」を聞いたら、ゲストにわれらがキムヘヨン嬢が出演してた(^_^) ラッキーである。この番組はたいていテジナのワンマンショーだが、ときどきこうやってゲストが出ることもある。ヘヨン嬢は今年の2月に3番目の子供を出産したらしい。それが初めての男の子で、えらく嬉しそうだった。もちろん彼女の歌もばんばんかかって嬉しかった。さらに「ソムンナンサラム 噂の男」という新曲まで聴くことができた。やっぱり彼女は歌もうまいし、普通の話す声聴いてるだけで幸せな気分になれる。デビュー当時のキャッチフレーズが「酸素みたいな声」(^_^;)だったもんね。
冷蔵庫の残り物を利用してサンドイッチ作る。Morris.は結構料理好きでそれなりに美味しく作ると自負してるのだが、どうもこのサンドイッチというのが上手くできなかった。今日はなぜか上手くいった。キュウリ、サラダ菜、玉子焼き、玉葱スライス、ポールウィンナー、ミニトマトというおてがる素材を、いつもより量を少なめにしたのが勝因(^_^;)かも。せっかくだから、これ持って王子動物園に行くことにした。
月曜なのにこの前の土曜日より人は多いくらいだった。インフルエンザ騒動がひとまず落ち着いたということだろう。
Morris.の指定席(D51の食堂車)に陣取ってサンドイッチ食べる。うん、なかなか美味しい(^_^) これまではやたら具を多くしすぎてたのと、それを重しで押さえすぎてたのが敗因だったのではなかろうか。これからしばらくサンドイッチのバラエティを楽しんでみることにしよう。
ついでに、写真絵葉書数枚書いて、まぬうを見に行ったが姿が見えない。食事前にも覗いたがいなかった。ちょっと心配である。
3時過ぎに帰宅。GyaOで「コーヒープリンス1号店」第6話見る。コーヒーショップが暇なので親睦旅行に行ったはずが、元店主の友人のりんご園の手伝いさせられるというストーリーで、なんかこのドラマメインのストーリーが一向にはっきりしないが、それはそれとして楽しめなくもない。
今夜は新開地「一番星」でムックさんも出る催しがあるというので顔を出すことにした。8時半頃店に着いたが席がほとんど埋まってるくらいの盛況である。ムックさんが席を一つ譲ってくれた。しかし今日の催しはアマチュアの入れ替わり出演ショーみたいなもので、あまり面白くなかったし、ムックさんも他の仲間との話に忙しそうだったので、早々に店を出る。Morris.はムックさんの仲間内の宴会みたいなものと思ってたのだ。
その後新開地の南の方の一画で、ミニギター練習。と、いうか、今日は新開地なので、日本の懐メロ演歌の楽譜もいくらか用意しておいたのだった。前のスーパーで缶ビール(発泡酒だけど(^_^;))買って、歌ってたら、髭のおっさんがやってきてギター自分にも弾かせろという。ミニギター貸したが、これが全く駄目。でも、そのまま座り込んで歌を聴いてくれたし、チップ?に百円くれた。他にも数人の酔っ払いおっちゃんんらもちょっと離れたところでそれとなく耳を澄ましてる気配。調子に乗って、缶ビール追加して歌い続ける。別の酔っ払いのおっちゃんが、話しかけて「大将はどこで流しの修行したんだ?」なんて嬉しいこといってくれた上に千円くれた(^_^;) そんなこんなで11時半頃まで歌う。小林旭の「さすらい」が一番受けたようだ(^_^;) 
「また来てね」という声も何人かからかけられて、これからときどき新開地に歌いに来るのもいいな、という気になった。演歌のストリート演奏だから、略して「新開地えんすと」(@_@)ということにしよう(^_^)
零時半帰宅。今日のデジカメ画像をDEL坊に入れようとしたら、突然「レンズエラーです」という表示(>_<) 好事魔多し、ということか、何度やっても駄目なので、カードリーダーで読み取る。デジカメは旧機があるから、明日にでもCanonのサービスセンターに修理に出すことにしよう。


ビヨウヤナギ

Morris.指定席で

サンドイッチ美味しかった(^_^)

今日は上弦

弾けないのにポーズは一人前(^_^;)

Morris. at SHINKAICHI

 
【2009年】 5月 4月 3月 2月 1月
【2008年】   12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
【2007年】 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
【2006年】  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
【2005年】 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
【2004年】  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
【2003年】  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
【2002年】 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
【2001年】 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
【2000年】 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
【1999年】 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

top 歌集 読書録 植物 愛蔵本 韓国 春待ち mail 掲示板