top 歌 集 読 書録 植 物 愛 蔵本 韓 国 リンク集 掲示板


  Morris.日乘2018年1月

Morris.の日記です。読書控え、散策報告、友人知人の動向他雑多で す。新着/更新ページの告知もここでやります。
 
今 月の標語
 頑張らない(^_^;)

【2017年】 12月  11月  10月 9月 8月  7月  6月  5月 4 月  3月 2月 1 月
【2016年】
12月 11 月  10月  9月 8 月  7 月  6 月  5 月  4 月 3月 2 月  1 月

2017韓国日記 12/27

2018/01/31(水)●月蝕の水曜日
8時起床。
今朝の血圧は192/93/78。体温35.5℃
鯖の水煮の罐詰と梅干しを使って、久しぶりに「梅鯖」作ってみる。これは昔愛読してた「ひとり暮らし料理の技術」(津村喬 1980)に載ってたメニューで、数え切れないくらいの回数作ったはずだ。地震の後この本はどこかに行ってしまった。それでもこのメニューだけは忘れずにいた。梅干しの種をとって、まな板の上で包丁で叩くように潰す。鯖缶も油を捨てて、これも包丁で潰し、両方一緒にプライパンで根気よく炒めるだけ。久しぶりの梅鯖は懐かしい味がした。一種のそぼろみたいなものだが、これだけでご飯いくらでも食べられるし、酒の肴にもなる。
午後は古い雑誌引っ張り出して、シュールリアリスム関係の詩や記事を読み返す。当時もよくわからないままに何となくシビレてた(^_^;)のだが、今となると、さらにわからなくなってしまったような気がする(>_<)
夕方、水道筋に買い物に出て、駐車場猫と照光寺クロに出会ってほっとする。
9時前から皆既月蝕が始まる。天気予報では曇りということで、見えないだろうと思ってたのだが、結構よく見える(^_^) でも途中からだんだん雲が出てきて、紅い月は朧になってしまった。時間帯がちょうどニュース番組と重なったこともあって、テレビではこの月蝕のライブ中継で大騒ぎしてたが、このような「天体ショー」などを大げさに取り上げるのは、最近の報道番組の特徴で、大雪や台風や噴火などのライブ中継をこれでもか、というくらいに垂れ流す傾向がある。一定の視聴率が取れるし、制作費あまりかからないし、社会問題、政治などのような、圧力もかからないということで、一種の目隠し報道担ってる気もする。そもそも、日本の報道における「天気予報」関連の時間枠は異常に長過ぎる。
今日の歩数は3174歩。


梅鯖 

水道筋駐車場猫 

照光寺のクロ 

季刊誌「思潮」1970 

月蝕の始まり 

後半は曇って☓(>_<) 

[今日の韓国語単語from Kpedia] 망설이다(マンソリダ 迷う 決心がつかない)
いろいろ迷って、なかなか決心がつかない、そんな気持ちになることの多いMorris.(^_^;)なので、結構よく使う。
漢字語なら주저[ 躊躇]하다(チュジョハダ ためらう躊躇する)、そのほか머뭇거리다(モムッコリダ もじもじする ためらう 躊躇する)などもある。
そして、男女の関係でも、こういった状況はよくあるわけで、キムヘヨンの先輩歌手でもある방미(パンミ 芳美)の1981年のヒット曲「 주저하지말아요 チュジョハジマラヨ 迷わないでよ)が思い出される。久しぶりに歌詞を紹介しておこう。

그대 주저하지 주저하지 말아요 迷わないで迷わないでよ
기다리던 때가 온것 뿐이에요 待っていた時が来たんじゃない
마음의 문을 활짝 열고 心の扉を開いて
그대 내 손을 내 손을 あたしの手を手を
내 손을 잡아요 握りしめてよ
그대 망설이지 망설이지 말아요 迷わないで迷わないでよ
애가 타게 기다리던 心灼いて待っていた
그 순간이에요 その瞬間じゃないの
마음의 문을 활짝 열고 그대 心の扉を開いて
내 손을 내손을 내 손을 잡아요 あたしの手を手を取ってよ
오늘밤엔 밤새도록 今夜は夜明けまで
사랑을 노래해요 愛を歌おう
오늘밤엔 밤새도록 今夜は夜明けまで
사랑을 속삭여요 愛の囁きを
오늘밤엔 밤새도록 今夜は夜明けまで
사랑의 춤을 춰요 愛の踊りを舞おう

【ダダ・シュルレアリスム新訳詩集】塚原史 後藤美和子編訳
★★★ 2016/12/20 思潮社

GUILLAUME APOLINAIRE ギヨーム・アポリネール
TRISTAN TZARA トリスタン・ツァラ
FRANCIS PICABIA フランシス・ピカビア
GEORGES RIBEMONT-DESSAIGNES ジョルジュ・リブモン=デセーニュ
JACQUES RIGAUT ジャク・リゴー
ANNA DE NOALILLES アンナ・ド・ノアイユ
JEAN COCTEAU ジャン・コクトー
PIERE REVERDY ピエール・ルヴェルディ
JACQUES VACHÉ ジャック・ヴァシェ
ANDRÉ BRETON アンドレ・ブルトン
LOUIS ARAGON ルイ・アラゴン
PHILIPPE SOUUPAULT フィリップ・スーポー
PAUL ÉLUARD ポール・エリュアール
BENJAMIN PÉRET バンジャマン・ペレ
ROBERT DESNOS ロベール・デスノス
RENE CREVEL ルネ・クルヴェル
JACQUES BARON ジャック・バロン
LISE DEHARME リーズ・ドゥアルム
ANTONIN ARTAUD アントナン・アルトー
GEORGE BATAILLE ジャルジュ・バタイユ
RENÉ CHAR ルネ・シャール
RAYMOND QUENEAU レーモン・クノー
FRANCIS PONGE フランシス・ポンジュ
HENRI MICHAUX アンリ・ミショー
JACQUES PRÉVERT ジャック・プレヴェール
VALENTINE PENROSE ヴァランティーヌ・ペンローズ
CLAUDE CAHUN クロード・カーアン
GISELE PRASSINOS ジゼル・プラシノス
JOYCE MANSOUR ジョイス・マンスール
AIMÉ CÉSAIRE エメ・セゼール
RADVAN IVSIC ラドヴァン・イヴシック
ANNIE LE BRUN  アニー・ル・ブラン


初っ端にタイプライター風の大文字アルファベット(フランス語)だけの人名が並んでいて、ほとんどわからなかったが、目次でカタカナ表記をチェックしたら、半分くらいはお馴染みの名前(太字表記)だった。うーん、フランス語の発音は難しい。

本書は、20世紀以降の文芸に世界規模で決定的なインパクトを与えたダダ・シュルレアリスムに直接あるいは間接にかかわったフランス(語)の詩人32人を選び-新たに訳出したアンソロジーである。32人にそれぞれ略伝的な書下ろしの解説を付したので、ダダ・シュルレアリスム(再)入門的性格も持つように配慮してある。(後藤)
高橋新吉や中原中也、西脇順三郎や瀧口修造らがすでに1920年代からダダ・シュルレアリスムの困難な実践を試みてきた私たちの歴史を振り返るなら、日本のアヴァンギャルド芸術・文化が新たな共感者を得て新時代へと継承発展されるための、ささやかではあるが意義深い試みのひとつなのではないだろうか。(塚原)


約200篇もの作品(詩、手紙、宣言、箴言……)が新訳で収められているが、ほとんどMorris.には理解不能(>_<)だった。
本書にも収められている、堀口大學訳で日本でもよく知られているジャン・コクトーの短章

私の耳は貝の殻 海の響きを懐かしむ(堀口大学訳)

を、本書では塚原が

僕の耳という貝殻が、
好きなのは海のざわめき。

と訳出して、「コクトーの耳への執着を反映させて「耳という貝殻」とした。」と書いている。堀口訳とはあまりにも印象が違う。もちろん、堀口訳に長年親しんでいて、それ以外の訳には拒否反応を起こすということもあるのだろう。

Mon oreille est un coquillage
Qui aime le bruit de la mer.


フランス語はほとんど分からないMorris.でも、このくらい短ければ何となくイメージできる気がするのだが、それでも、やはり、翻訳の難しさを感じずにいられない。
文学作品の翻訳というのは「不可能への挑戦」という一面がある。特に詩歌作品の翻訳の難しさは、日本の和歌や俳句を外国語に翻訳することを考えればわかりやすいだろう。

半世紀近い昔、Morris.が北九州小倉で学生生活やってた頃、シュルレアリスムという言葉(思潮?)には、何か理解を超えた魅力を感じていた。分からないままに(わからないからこそ)惹かれていたということかもしれない。
当時、刊行された季刊誌「思潮」の創刊号と2号の二冊を、今日に至るまで、何故か手放せずにいて、本書に刺激されて、押入れから引っ張り出してみた。

「思潮」創刊号 (1970 夏) シュルレアリスムの彼岸
ミノタウロスの影 現代の聖性探求または恐怖の戦慄(出口裕弘)
希望なき呪術 超現実と聖なるもの(ジュール・モヌロ 訳:有田忠郎)
基本方位 初期散文詩集(ミシェル・レリス 訳:小浜俊郎)
ミシェル・レリスと円積法 不可能性の根柢から(モーリス・ナドー 訳:宮原庸太郎)
ミシェル・レリスの二重性 シュルレアリスムから民族学へ(岡谷公二)
レリス略伝・著作目録
大天使のように バタイユ詩集1944(ジョルジュ・バタイユ 訳:生田耕作)
バタイユとの対話 エロチスム・シュルレアリスム・神秘主義・激情・笑い・空白の場所(マドレーヌ・シャブサル)
夢の性質(ロジェ・カイヨワ 訳:金井裕)
聖なるものの弁証法 『聖なるもの』(オットー)『人間と聖なるもの』(カイヨワ)『聖と俗』(エリアーデ)

「思潮」第2号(1970 秋) シュルレアリスムの異相
革命の伝統と現代 ダダ・シュルレアリスムの異相から現代へ(トリスタン・ツァラ 訳:浜田明)
戦争からの書簡 アンドレ・ブルトンへの手紙1(ジャック・ヴァシェ 訳:波木居純一)
余生の幻視 アンドレ・ブルトンへの手紙2(ジョー・プスケ 訳:有田忠郎)
ナンセンス詞華集他 一本足で・われらが日々の夢を・具体芸術・ダダ箴言集(ハンス・アルプ 訳:種村季弘)
『ナイフの涙』とリヴモン=デセーニュの演劇(ミシェル・コルヴァン 訳:笹本孝)
ナイフの涙 ダダ戯曲作品(ジョルジュ・リブモン=デセーニュ 訳:笹本孝)
近似的人間 ツァラ散文詩集1931(トリスタン・ツァラ 訳」秋山澄夫)
汚れた歳月に・アスティアナクス マンディアルグ散文詩集1943-1956(マンディアルグ 訳:品田一良)
超現実主義の正説と逆説 往復書翰(瀧口修造、粟津則雄)


いやあ、懐かしい。バタイユの「大天使のように」なんか、久しぶりに全編読み返してしまった。
出口裕弘、有田忠郎、生田耕作、種村季弘などの名前も今となっては、当時Morris.のアイドルみたいな存在(^_^;)だったと思える。
しかし半世紀近くを閲して、もう一度眺めても、ほとんど理解の外にあるということは、とんでもない時間の無駄遣いだったということの証拠物件なのかもしれない(^_^;)

2018/01/30(火)●勤労の火曜日
7時起床。
今朝の血圧は152/82/90。体温35.5℃
JRで三宮に出て、高層マンション32階、スイス向け荷物ピックアップ現場。
としろうら5人で、作業。バイトの山口さんが、Morris.がパクチー好きだということを知って、S&Bのきざみパクチーチューブをプレゼントしてくれた。感謝m(__)m
昼は「小燕京」の中華丼。お目当てのスープが、ちょっと以前より味気なくなってた。もしかしたら、風邪が治りきっていないMorris.の舌がまだおかしいのかもしれない。午後4時作業終了。
三宮図書館に寄って、5時半帰宅。
今日の歩数は3965歩。


今日の現場 

ベランダから 

同じく 

同じく 神戸市庁舎 

「小燕京」の中華丼 

チューブでパクチー(@_@) 

ベランダから 

同じく 

明日は皆既月食らしい 

[今日の韓国語単語from Kpedia] 자르다
(チャルダ 切る 首にする 断る さえぎる)
日本語の「切る」は韓国語では多様な動詞で使い分けられている。
자르다はナイフやハサミで物を切る、切り落とす
끊다(ックンタ 切る 断つ 中断する)は糸や棒などのように、長く連続しているものを切る
베다(ペダ 切る、刈る)は鎌で草や稲を切る(刈る)
썰다(ッソルダ 切る、刻む)は調理で包丁やナイフで切る、切り刻む
깍다(ッカクタ 削る、切る、剃る、刈る、剥く)は鉛筆を削ったり、髭をそったり、果物皮をむいたりすること。
Morris.も頻繁に使う깍아주세요(ッカッカジュセヨ まけてよ、安くしてよ)という値引き交渉の決まり文句 もこれに由来する。

2018/01/29(月)逼塞の月曜日●
7時半起床。
今朝の血圧は199/100/79 。体温は35.8℃
何となく気分がすぐれない。
国会中継も午前中は(午後にかぶって)与党質問。これは根本的に間違ってる。午後には佐川元理財局長が出席するはずだったのが、与党の審議で欠席になったり、とにかく、数を頼んでの与党のゴリ押しがまかり通っている。
結局今日は一歩も外に出ず、逼塞の一日となった。
ミニギター部屋練も、咳が出るのでほとんど伴奏の練習に終始(>_<)
今夜のKBS歌謡舞台 回は1月リクエスト。

1) 서울의 찬가ソウル讃歌(패티김ペティキム)/현숙ヒョンスク
2) 추억의 소야곡追憶の小夜曲(남인수ナムインス)/민수현ミンスヒョン
3) 알고 계세요わかってください(하춘화)/하춘화ハチュナ
4) 님과 함께あなたと共に(남진ナムジン)/김수찬キムスチャン
5) 그 여자의 마스카라彼女のマスカラ(임현정)/임현정イムヒョンジョン
6) 내 나이가 어때서年齢が何だって(오승근)/오승근オスングン
7) 한 많은 대동강恨みの豆満江(손인호ソンインホ)/홍원빈ホンウォンビン
8) 임 그리워あなたが恋しい(나훈아ナフナ)/강문경カンムンギョン
9) 숨어 우는 바람 소리隠れ泣く風の音(이정옥)/이정옥イジョンオク
10) 꽃반지 끼고花指輪はめて(은희ウンヒ)/박강수パクカンス
11) 인생 수첩人生手帳(박재홍パクチェホン)/김국환キムクッカン
12) 나는 행복한 사람私は幸せな男(이정희)/이정희イジョンヒ
13) 아내에게 바치는 노래妻に捧げる歌(하수영ハスヨン)/한상일ハンサンイル
14) 여로旅路(이미자イミジャ)/진소리チンソリ
15) 나는 너를私は貴方を(장현チャンヒョン)/김기하キムギハ
16) 보약 같은 친구薬みたいな友人(진시몬)/진시몬チンシモン
17) 외로운 가로등孤独な街燈(황금심ファングンシム)/하춘화ハチュナ


最近、どうも歌謡舞台、魅力が感じられない。
You Tubeで、過去の歌謡舞台から、スターたちの合唱を集めて編集したビデオがあって、これは楽しめた。
今日の歩数は0歩。

[今日の韓国語単語from Kpedia] 여기다(ヨギダ 思う、感じる)    
여기다は心の中で思ったり感じたりすること。생각하다(センガッカダ)とほほぼ同じだが、여기다は感覚的、感情的、생각하다は「考える」「思索する」といった思考的傾向が強い。
눈여기다(ヌンニョギダ 注意深く見る、注目してみる)    
업신여기다(オプシンヨギダ 見下げる、見くびる、侮る、ばかにする)    
소중[所重]히 여기다(ソジュンgヒヨギダ 大切に思う)    
가족[家族]처럼 여기다(カジョクチョロム ヨギダ 家族のように思う)    
자랑스럽게 여기다(チャランgスロプケ ヨギダ 誇りに思う)    
대수롭지 않게 여기다(テスロプチ アンケ ヨギダ 大したことだと思わない)    
아무렇지도 않게 여기다(アムロチド アンケ ヨギダ 物ともしない)    

2018/01/28(日)暗い日曜日●
8時起床。
今朝の血圧は155/75/88。体温は35.5℃
今日も朝からパクチー粥(^_^;) 今回のパクチーはちょっと、とうがたってる感じで、何か初々しさに欠けるなあ(^_^;)
朝からどんよりと曇ってて、時々小雨やみぞれが降ったりやんだりしている。
風邪(インフルエンザ)はいちおう収まったようでもあるのだが、咳は止まらないし、洟水も。熱の方はすっかり収まったというか、36℃以下が続いてて、これはこれでちょっと気がかりでもある。
昼からJR神戸駅に出て中央図書館へ。猫場の宇治川小公園も天気悪いのであまり猫いなかった。
図書館でしばらくくつろいで、JRで6時帰宅。
今日の歩数は4924歩。


しつこくパクチー粥 

楠町の白茶 

宇治川小公園の二匹 

[今日の韓国語単語from Kpedia] 어색[語塞]해요(オセッケヨ 気まずい ぎこちない)
어색[語塞]하다(オセッカダ)はもともと「言葉に詰まる」だが、会話が途絶えて沈黙が続くようなとき、何となくお互いの関係がぎくしゃくしてしまう、とか、普段やらないことをやってごこちなかったり、といろいろな場面で使える。


2018/01/27(土)●青谷方面
8時半起床。
今朝の血圧は201/81/73。体温は35.3℃(@_@)
いくらなんでもこの体温は低すぎる、というので、もう一度測ってみたら35.4℃だった(^_^;) Morris.の体質は「高血圧低体温」ということになるのだろう。
ゆっくり朝風呂入る。
午前中は部屋ゴロ。
午後は王子動物園にまぬうに会いに行く。大山猫とボブキャットと檻の間の檻に山猫らしいのが一匹向こう向きに寝ていた?? もしかして新入り??
海星女学院から馬頭観音、青谷登山口から神戸高校まで散策。水道筋に降りて、4時半帰宅。
風邪(インフルエンザ?)引いて以来、一番よく歩いたかと思う。
相撲は、平幕栃ノ心が今日優勝を決めた。横綱二人休場、鶴竜も突然の連敗で、棚ぼた的優勝ではあるが、春日野部屋ということで、またしばらく、相撲関連のしょうもないニュース合戦が続くかと思うとうんざりする。見ないことにしよう。
名古屋のこだまさんから、卒業制作提出したとのメール。良かった良かった。他人事ながら、肩の荷が降りたような気がする(^_^;)
今日の歩数は9478歩。


これはあんまりでは(@_@) 

タイ風ラーメン 

今日のまぬう 

同じく 

大山猫 

君は誰? 

カンガルー食事 

赤腹 

馬頭観音 

不動明王 

城の下通りの白 

同じく 

可愛い(^_^) 

菫 

青谷登山口より 

お洒落な門 

ポテトサラダ 

???? 

[今日の韓国語単語from Kpedia] 대충 넘어가요(テチュンノモガヨ このへんで良しとしよう)
대충(テチュン 大体)+ 넘어가요ノモガヨ 越えよう、越えて行こう)で、あまり細かいことは気にしないで、ざっくり、大雑把で行こうよといった使い方。
大韓国国民の国是である(^_^;)「됀찮아(ケンチャナ)精神」に通じるものがあるのではなかろうか。

2018/01/26(金)●雪混じり第二国道
7時起床。
今朝の血圧は161/80/83。体温は35.9℃
昨日の国会で、共産-志位発言で、沖縄での米軍ヘリ事故などに言及している時、「それで何人死んだんだ?」というヤジ(>_<)があったそうな。ヤジ飛ばした自民-松本文明は今日副大臣を辞任したらしいが、こんなの、即除名すべきだろう。これと並べては失礼かもしれないが、自民の重鎮、野中広務が今日亡くなったとのこと。享年92。政治家だから毀誉褒貶はあるだろうが、ともかく、戦争反対、平和主義、そして沖縄への真摯な思いだけは本物だったと思う。安倍晋三批判も正鵠を射たもので、今頃安倍は表向き哀悼の意を表しながら内心ほくそ笑んでるかもしれない。
午後から歩いて高橋経由で六甲道方面に向かう。二号線歩いてたら雪が降ってきた。東京では先日大雪で交通麻痺してたらしいが、神戸はめったに積雪することなはない。
灘区役所と灘図書館廻り、六甲市場でルヴァン・クラッカーのバーゲンやってたので二箱買って4時過ぎ帰宅。あるきながらずっとiPhoneで国会中継聞いてたのだが、質問者は一生懸命、答える側はまるでやる気なし。
相撲界は、またまた暴力事件で盛り上がって?いるようだし、本場所は横綱鶴竜三連敗で平幕栃ノ心が明日にも優勝決めそうな勢い。しかし、日馬富士の事件から、のニュース加熱ぶりには、呆れるしかない。テリー伊藤が言ってたが、この際NHKの実況中止すればいい、と思う。
夜は古いDVD引っ張り出して鑑賞。2013年KBSの「トロット大祝祭」の世界にどっぷり。しかし、去年はこのプログラム無かったみたいだし、紅白も見なかったし、だんだん、歌謡祭といった番組も消えてゆく運命なのかも。Morris.はこの手の番組といえば
イジヨンが新人賞に輝いた1988年のKBS歌謡大賞をつい思い出してしまう。
今日の歩数は6038歩。


餡かけ焼そば 

群鳩 

銀木犀? 

紅梅 

アロエ 

今日のTWIN煙突 

[今日の韓国語単語from Kpedia] 안부 전화[安否電話](アンブチョナ)
안부(安否)+전화(電話)で、特に用や理由もなく、何となく気になってかける電話。
日本人以上に韓国人は電話好きな気がする。これにぴったり合う日本語を思いつかないが、若者言葉にありそうな気もする。

2018/01/25(木)●神戸もマイナス3.2℃
7時半起床。
今朝の血圧は147/65/85。体温は35.8℃。
洗濯機のスイッチ入れて、しばらくしてブザーが鳴ったので、干そうと思ったら、全く洗濯できてない(?_?) ひょっとして故障か?と思ったのだが、よく見ると、給水ホースがカチンカチンになってる。吸水部分を開けてみたら、しっかり凍ってた。今日の神戸の最低気温は氷点下3.2℃だったとのこと。確かにこの温度なら水道管凍っても不思議ではないが、神戸に来てから、こういうことは記憶にはなかった。
国会中継。やはり今日も、安倍総理は、おざなりの朗読に終始。「丁寧な説明、民意に沿った、誠心誠意……」聞いてるだけ馬鹿らしい。
午後は歩いて大安亭方面に買い物に出る。流石に寒いが、風がないのでそれほどでもなかった。それにしても、相変わらず野菜の高いこと(>_<) 特にキャベツ白菜などは普段の3,4倍である。パクチーあったのでまあよしとしよう。
4時帰宅。
吹田の真澄ちゃんから手紙。まあ何とか元気にやってるらしい。
夜は冷蔵庫の残り物処分も兼ねて、ピラフ作る。ジャコやら大葉やら適当にぶち込んで、それなりに美味しかった。
今日の歩数は3095歩。