クレマティス
くれまてぃす
Morris.ホームページに戻る
サンボ部屋トップに戻る
Botanical トップに戻る
蔓が黒くて細いので鉄線 

花の姿をそのまま見立てて風車 

クレマティスと言う名は、あの樽の中の哲人ディオゲネスがギリシア語の若枝(clema)のような蔓から命名したとか。 
 

風車はともかく鉄線とはあまりにそっけない、せめて鉄線蓮と呼ぼう。 

いやいや、鉄線の潔さこそあの花に似つかわしい。などと一人で漫才めいた掛け合いをやっても始まらない。 

花弁八枚なら風車、六枚なら鉄線と覚えておけば見分けやすい。これも正確に言えば萼片なのだが、花びらでいいのだ。 
 

奈良は佐保路の法華寺境内に咲き誇っていた風車は見事だった。 

本尊十一面観音の艶やかさとこの花を見に、足繁く通った頃が懐かしく思い出される。 

風の噂では、数年前から觀音像は本尊のレプリカしか拝めなくなったとか。惜しいことだ。 

花言葉に「心の美」と「たくらみ」の相反する二つがあるのも、実はこの二つが共存しているのに違いない  。
 
著名な二人の画家(それもどちらもMorris.の大のお気に入り)の名前を合成したらこの花の名前になると気付いたときは嬉しかった。 

もちろん、KleeとMatisseのこと。だが、二人の画集にこの花の姿を見た記憶はない。 

●晩れかかる街に鉄線救ひなく


top