ねもふぃら
 

隠花植物の夢を見た 
 

ぼくは海月を飼いたい が できない 
 

今津の街角で見つけた 

青空を映す瞳のような五弁の花の名は 

ねもふぃら というのだった 
 

どことなく Necrophilia(屍体愛好者)を連想させる 
 

和名は完璧に近い美しさだ 

瑠璃唐草!! 
 

そういえばこの花は 

石の門柱にまつわりつくように蔓を絡ませて咲いていた 
 

一輪を摘み取り 読みかけのポルノグラフィに插んで帰ってきた 

ペイパーバックの紙質はあんなふうだから 押し花には最適だ 
 

そういうわけで 

いま 

ぼくの目の前に花の標本らしきものがある 
 

nemophila 羅典語で「無葉の」という意味だろうと 

これは当てずっぽうだが 

それにしては小さいながら葉っぱはあったようでもあるし−−− 
 

ジュール・ヴェルヌのロマンに登場する 

ノーチラス号の船長の名は 

羅典語 nemo(nobody)に由来すると読んだ記憶がある 
 

船長の孤独な瞳の色は この花のようであった と 

決め付けてはおかしいだろうか 
 

この青さは 懐かしくて 

懐かしくて 

懐かしい 
 

天に星 地にねもふぃらの 零こぼ れ咲 


Botanical Garden目次に戻る  

 top