top 歌集top 日記 掲示板 mail
【DITTIES−西洋小唄
サンボ通信24号(1994/01/01)掲載。テーマはJazz songで、あまりにポピュラーな曲を並べ過ぎた感もあって、ちょっと気恥ずかしい。これを作ってる間は、ずっとそれぞれの曲をBGMにしていた。すべて女性歌手によるテイクばかりを集めて自分専用のテープを作り、これは今でも愛聴している。

サンボ通信第24号放浪の身過ぎ自らの選択肢一世賭けての感傷旅行   
SENTIMENTAL JOURNEY

蜜蜂に姿轉じて君と言ふ忍冬薔薇の下僕にならむ
HONEYSUCKLE ROSE

再びの機會などゆめ願ふまじ一期一會の早送りの生
SECOND CHANSE

人生は三文オペラの舞臺裏匕首マッキ−興奮の犧
MACK THE KNIFE

君故にただ君故に狂ひしが言ひ出しかねて腦髄の冷え
I CAN'T GET STARTED

汝が胸に暗き焔の燃ゆる時眼に沁む煙泪誘ひて  
SMOKE GET INTO YOUR EYES

愛の無知戀の痴呆が心地好く安易に生きる愚か者の智恵
EASY LIVING

若き月冷えし愛情凍る夜畏みて吐く<請 君 歸 去 來>
LOVER COME BACK TO ME

愛よりも尚深き霧疑ひの心金属に喩ふれば錫
MISTY

小娘の媚態は擬態に紛ふ程今夜知りたきABCの續き
TEACH ME TONIGHT

理不盡な男に宛てし告訴状あたしの全てを奪はぬが罪
ALL OF ME

後ろ指ささるゝ毎に磨かれしガラスケ−スに賣物の愛 
LOVE FOR SALE

刹那主義快樂志向陽の当たる表通りに日陰者死す
ON THE SUNNYSIDE OF THE STREET

求婚の言葉異常に甲高く御馳走攻めの我が家へ来たれ 
COME ON-A-MY HOUSE

春の宵あたしを月まで飛ばしてよ換言すれば惚れたつてこと
FLY ME TO THE MOON

不始末はもう犯さぬと舌の根も乾かぬ裡に男の喜劇
AIN'T MISBEHAVIN'

煌めきは儚きものぞ宇宙塵極大微小凡て手の内
STARDUST

君知るや古き湖畔に啜り泣く柳の巨木立ち盡し居るを
WILLOW WEEPS FOR ME

俺達に明日は無ければ今日もまた昨日ばかりを蓄ふるのみ
YESTERDAYS

接吻は接吻如何程時が過ぎやうと變はらぬものは變はらずにあれ
AS TIME GOES BY

沙翁作十四行詩第十八番を夏の日の子守唄とて聞かまほしけれ
SUMMERTIME

満天の星に願ひを掛くる時嘘をつくのも許さるる時
WHEN YOU WISH UPON A STAR

愛憎は丁半賭博の裏表どの目が出やうとその時次第 
BUT BEAUTIFUL

笑み浮かべ朝日の如く爽やかに別れ話を持ちかける妻
SOFTLY AS IN A MORINIG SUNRISE

浮世てふ錯誤に満ちし寄せ鍋の目玉は戀自身への戀    
FALLING IN LOVE WITH LOVE

top 歌集top 日記 掲示板 mail