top 歌集top 日記 掲示板 mail
キ ョ ウ ル  ヨ  ヘン
冬 の 旅

 
雪越しに望む教会堂の尖搭を背景に無伴奏アカペラの我が『冬の旅』Winterreise
チョナンからバスでコンジュに向かう途中、すごい吹雪になり到着したときは一面銀世界

朝は雪昼は燦
きらめく白馬江ペンマガン闇には黒花降りしきるらし
プヨではゆるやかに流れるペンマガンに沿って一日中行ったり来たりしていた

大蒜ニンニクとキムチの力侮れず冷蔵庫ネンジャンゴ搭載の自転車チャジョンゴ
プサン国際市場で自転車の荷台に2ドアの冷蔵庫を載せて運ぶ若者がいた

ぬかるみの路地に番地を探し当て後の逡巡しりごみは笑顔の翳故
雨の中去年ポモサで会ったアガシを訪ねるも家人が喧嘩中でタバンであわただしく会って別れる

龍頭山ヨンドサンに警報発令尻尾踏まれし蛇の心地で搭に滑り込む
ヨンドサン公園で民防の日の警報に会い、プサンタワーの売店で、売り子達と雑談

木浦モッポなる儒達ユダル山頂霧の中演歌に涙は即き過ぎるものを
木浦ユダル山には大ヒットのご当地ソング「木浦の涙」の石碑が立っていた

トクタクトクタクと聞こゆギタ−の爪弾きは秒刻みに色を変へ移ろふ
光州、朝鮮大學の部室でペギョンヒ君は「時計」という自作のフォークソングを歌ってくれた

光る街朝鮮大學の屋根裏の壁ゆもぎ取りし半島全図
朝鮮大學の最上部分にある合唱部部室の壁に貼ってあった地図をもらう

やさしい日本語、優しくない日本人、同情より理解より愛より恨ハン
KBS教育TV「やさしい日本語」講座のスキット「韓国の人は度重なる侵略支配の中で信仰心を育んで来たのです」

温厚な警官の眼の充血も暗紅色あかき旅券の反映ならずや
ナムウォンのバスターミナルで私服警官の訊問に会う

雨の「麒麟苑きりんゑん」孔雀等吾を憐れみて翡翠鱗粉の綺羅撒き散らす
雨の日チョンジュの動物園に行く。ほとんど動物も引きこもった中で孔雀だけが羽根を広げて饗応してくれた

旅人宿ヨインスク丑三ツ刻の立回り娼婦の罵声壮絶の美
チョンジュの安宿では、夜中に男女の争う声で眠らなかったが、女性の尻上がりの啖呵には聞き惚れてしまった

底抜けに陽気な香具師やしの群に潜み親和力波及す小人の家族
薬売りの香具師の一団に小人の家族がいた。トラックの幌の中に呼び入れられてしばし話す

沙果サグヮと言ふ響き共々嚥下して恍惚に達する程の腹下し
テジョンの露店で買った林檎を洗わずに丸かぶりしたら、直後に覿面の下痢

羽根よりも鋭く降れる雪の中ラケットで擲ちたきもの本当は何?
ソウル大學路では降りしきる雪の中でもバドミントンを止めようとする者はなかった

KOBE神戸から来たと話すも不得要領えうりやうをえず地理学専攻の女学生二人
学食でであった高麗大學地理學部の新入生二人とも、神戸がどこにあるのか知らない!!

六月に入隊するてふ若き友の憂鬱吾に憑依してブル−
この夏から徴兵で軍隊に入るという友人の顔をタバンで直視できなかった

ああ3・1サミルあつけらかんの青空をパゴダ刃物の如く斬り刻め
サミルナルのパゴダ公園。あまりにも晴れ渡った紺青の空に訳もなく腹を立てる

抽象も具象も有象無象うざうむざうらも白日夢と化す映像の搭
ソウル大公園の現代美術館は素敵だった。ナムジュンパイクのヴィデオの塔と僕にも分かる前衛と

日本では子供嫌いの吾なるに童子オリニの遊戯ノリに胸躍り立つ
子どもたちの遊ぶ姿を見るのがこんなに楽しいとはしらなかった。プヨの路地にて

眷戀けんれんの掛陵ケルンに続く松並木去年こぞの夢今何処−−アリス非在
ケルンで昨年出会った幼女を探したが、見果てぬ夢だった

南山山麓三佛寺サムプルサ日曜学校の讃美歌は似て非なる響き般若心経パニャシムギョン
慶州三佛寺の本堂では子どもたちが、歌うようにお経を唱えていた

魚市場のアジュマ言葉の平手打ち、されど吾には・・・
プサンチャガルチ市場のアジュマから説教食らう「どーして親と暮らさないか?あなた子どもの資格ないよ!!」

花を待つ 金色細雪ささめの花を待つ 望み虚しく連翹ケナリに逢はず
金色の残像は幻、ケナリの開花を待たずに帰国の途につかねばならなくなった

帰還拒みえぬ未練の飛行 雲海を領す有明の海月くらげを嫉む
プサン金海空港発大韓航空機の窓から有明の半月が、白く、所在無げに浮かんでいるのを見ながら日本へ



サンボ通信13号(1989/07/07)所載。1989年2月14日から3月14日までの、Morris.2回目の韓国旅行。
最初の旅は、日記を掲載したが、この時は、一冊のアルバムに写真をまとめて回覧した。それでもサンボ通信にも何か形に残したいと、歌に詠んでみた。構成上、旅程と歌の順序は違っている。タイトルは、シューベルトの歌曲集のタイトルを拝借した。

top 歌集top 日記 掲示板 mail