top 歌集top 日記 掲示板 mail
歌集消 息
サンボ通信27号

来ぬ文を待つ仄暗ほのくらき夕間暮白夜の城のミモザ枯れつつ
来ぬ人をまつほの浦の夕凪に焼くや藻塩の身も焦がれつつ 藤原定家

赤子等の赤心試す赤紙に一銭五厘の生命いのちの軽み
徴集令状

青くして気負ひばかりの二人故決闘に似し文通も有りき
文通

街角に赤き怪物立ち竦み人の情念貪むさぼりてゐしが
円筒形郵便ポスト

空つぽの郵便受に充満の期待の密度咀嚼する日々
郵便函

天翔あまがくる便りに夢を織り混ぜて異邦の香かをり懐かしみゐる
Air-Mail

郵袋の虚実愛憎撹拌し郵便局の深夜のゲーム
「郵便やさんの話」カレル・チャペック

日付印蹂躙すれどギザギザの領土死守する小国家群
切手

問ひ掛けは無言の裡うちに切々と往還双葉羽根の如くも
往復はがき

君にのみ便りを運ぶ挺身の配達員に嫉妬を覚ゆ
Please Mr. Postman

究極の烏滸をこ滑稽は真剣な情熱滾たぎる戀文にこそ
Love Letter

かにかくに慕ふ心の過剰故白紙の便りを象徴として
「白紙で送る手紙」韓国歌謡 キムテジョン歌

結び文付け文投げ文落とし文戀の以呂波の文揃い踏
文尽くし

絵葉書の絵は絵に非あらず異次元の被膜腐触の果ての傷跡
絵葉書

身勝手も男の見栄も未練にて三行半みくだりはんに曳く後髪
離縁状

故郷への便りを雁の脚に託す詩人の故事は他所よそ事で無し
雁の便り

真夜中の「電報です!!」の衝撃も今は孵かへらぬ恐竜の卵
電報

水茎や玉章たまづさの美は別世界ワープロ文字の手紙恐惶
Word Processor

本文は全て前書き用件は追伸を見て推し量る書簡ふみ
P.S. I Love You

早合点一発刑事よ死の用心賭銭流すな罪増やせ
一筆啓上火の用心おせん泣かすな馬肥やせ

風に聴く君の消息たよりを今一度ジェット気流に載せて解放
風聞

そのかみの候文を懐しみ真似候ひしが恥書て候
候文

頼りなき身にも便りは嬉しけれ叱咤罵倒の羅列としても
弾劾文

生前に文を書き置く傲慢さ死者に鞭搏つ人少なきを
遺書

美稲うましねの秋の夜長は酒を酌み自分自身に手紙でも書かう
I'm gonna sit rite down send wright myself a letter



サンボ通信27号(1994/10/01)所収。信じようと信じまいと、Morris.は一時、筆まめな時期がありました。稀代の悪筆なので、学生時代の手紙なんて、もらった方が判読できたかどうか疑問です。それだけに日本語ワープロを手にした時は大喜びで、16ドットのギザギザ文字の手紙を出しまくったものです。
あれから10数年が過ぎて、時代はe-mail全盛となってしまいました。そして、Morris.は、すっかりメール無精に成り果てています。
top 歌集top 日記 掲示板 mail