top 読書録 愛蔵本 植物 韓国 俳句 予定 link mail 掲示板

Morris.歌集総覧

●象形文字--hieroglyph 50の漢字で文字遊戯を楽しんだ50首。見て楽しい歌集です。
●韓歌-からうた Morris.の好きな韓国女性歌手の歌25曲をテーマにした歌集です。
●花信風−はなだより  二十四節季、それぞれに季節の花を合わせた花の暦を主題にした25首
●銀幕−Silver screen 映画(洋画)を主題にMorris.の偏愛ぶりを吐露した25首
●酒精-あるこほる 酒と名がつけばみな可愛い?Morris.が世界中の酒を味見して歌った25首
●地名抄 KOBE 神戸の地名を読み込んだ25首。神戸地震の年に作られた
●猫嫌ひ-catphobia- 本当は猫好きのMorris.が猫へのアンビバレンスを31文字に纏め上げた25首
●木之精 自称「植物人間」のMorris.が、事典片手に剪定した25首。
●古色騷然 和洋のゆかしい色名をネタにした25色の歌パレット
●夢の小経-promnade- 夢と現の区別がよく分からないMorris.が、夢をネタに捏ね繰りあげた25首
●禍咒苑 舌の記憶をたどりながら、25種の果物を言葉で味わう歌25首
●消息

昔は結構筆まめだったMorris.の、おてまみにまつわる歌25首

●無流 水のさまざまな姿態をテーマにした割には、潤いの足りない25首
●風雅帖-La Fuga 子どもの頃から風が好きだったMorris.の、風に吹かれた25首
●香料箪笥-koreanchest スパイス、ハーブをネタに香りと辛みの効いた?25首
●雅歌 パウル・クレーの25枚の絵に寄せる、オマージュ25首
●玉石集 25種類の宝石を「破調」の歌に結晶させた、ミネラルな25首
●APPLE-PIE マザーグース童謠のABCうたを素材に言葉遊びしたアルファベット26首
●嗜好朔語 断じてグルメなんかじゃないMorris.のちょっと偏食気味な美味礼賛
●ぷらねたりうむ 夜空の星に思いを馳せてちょっとペダンチックに歌う25首
●鞘詩目 beetles 一寸の甲虫に五分の魂を探った昆虫少年Morris.の思い出
●薔薇祭 花の王、薔薇への頌歌25首
●雑季鳥 bird random 季節も種類もランダムに鳥類を素材に歌った25首
●異端蝶−A-MOLL 「茎も無く飛ぶ花」鱗翅目の蝶と蛾を歌った25首
●冬の旅−winterreise Morris.2回目の韓国旅行(1989年2〜3月)をテーマにした25首
●櫻−はな 神戸地震直後の仮住いの中でひたすら心のうちに花を咲かせた25首
●Alicematics 永遠の少年!?Morris.から永遠の少女アリスへの恋文25首
●DITTIES−西洋小唄 愛すべきジャズソングを織り込んだ25首
●色端唄 いろは48文字を冠・沓に封じ込めた尻取り歌49首
●Seasoning 「春歌」「夏模様」「秋曲」「幻冬」四季の歌集を纏めた100首。ミニ解説も
●偏想曲-variete 懐かしい児童文学、童話、絵本へのオマージュ、50首
●初期歌片 学生時代のノートに残されていた25首
●小詩集「小僧の天婦羅」 ことばあそびうた5篇
●すぃんぐるず ミーハーMorris.の真骨頂。Y.K.に捧げる歌謡歌集?? 25首
●朱色物語 色好みではないが??色には目のないMorris.の、朱色に託す赤心25首

先に白状すると、Morris.は短歌にはあまり縁が無かったのです。短歌や和歌より、俳句の方が好きだったし、読むことなら詩や小説中心でした。サンボ通信を発行するとき、何か巻頭を飾るものはないかと、昔のノートをめくっていて、74〜5年の学生時代に戯れに作った歌を見つけて、とりあえずそれを創刊号に「巻頭歌集 初期歌片」として掲載。結局これがきっかけで、サンボ通信発行ごとに25首の新作をでっちあげることになり、10年間で約千首ができてしまったわけです。Morris.の歌はたいてい「やっつけ」で、徹夜で一気に片づけることが多く、要するに1年に数回だけ「にわか歌人」になりすまして、その雰囲気を楽しんでいたというのが、正直なところかもしれません。


Morris.の歌は嘱目、屏風歌に近い、いわば「テーマ主義」で、植物、漢字、童話、色、食べ物、気象、音楽など、自分が好きなものを柱に立てて、1行に関連情報をぶち込んで歌らしきものに仕立て上げる、という結構乱暴な手法が主で、結果的に、一人よがり、こじつけ、思い込み、言葉遊び、駄洒落、本歌取り、ひっかけ、騙し、意味不明、荒唐無稽、支離滅裂になりがち、つまり、一般的には、非常に「わかりにくい」ものとなってしまい、おおむね、サンボ通信読者には不評(これだけは飛ばして読むという者もかなりいた)を買いまくっていたようです。

しかし、何事にも例外はあるもので、Morris.の歌が面白いという奇特な方も数人いらっしゃいまして、その中の一人、某京都女子短大講師Hさんのはからいで、なんと95年度の入試国語問題全二問中一問にMorris.の歌が出題されるという、嘘のような出来事もありました。(もっとも、この問題の正解は作者であるMorris.にもわからなかった!!)

そういうわけで、この部屋を覗かれる皆様におかれましても、大部分は辟易される確率大ですが、新種の謎解き、言語クイズだと割り切って、お楽しみいただければ、Morris.の喜びこれにすぎるものはありません。
top 読書録 愛蔵本 植物 韓国 俳句 予定 link mail 掲示板